記事一覧(アイアン)

16件中1~10を表示

タグ別写真

  • Regina
  • ボールと目標を結んだターゲットラインに対して、クラブフェースをスクエアに合わせたつもりでも、実際はフェース面が目標の左を向くことが多いRegina
  • グリーン右のバンカーに向かって構えると、フェース面は目標を向く。ボールにフック回転がかかるので、さらに右を向いても構わない。ボールはスタンスの中央にセットするRegina
  • バックスイングでは上体が起き上がらないように、ツマ先寄りに体重を乗せておく。バランスを崩しやすいので、フルスイングは行わないRegina
  • ターゲットラインに対してスクエアに構えると、フェース面は目標の右を向くRegina
  • 目標の少し左を向くことで、フェース面は目標を向く。スライス回転がかかるので、さらに左を向いてもいい。ボールをスタンスの中央にセットし、カカト寄りに体重を乗せておくRegina
  • インパクト後も上体が起き上がらないようにする。左足上がりと同様に、顔を下に向けておくと、バランスを崩しにくいRegina
  • Regina
  • ボールを高く打つことは意外と難しい。それならば、ロフトを立てて低いボールを打つほうが、ミスをする確率も低くなる。ボールと木の距離が近いほど低い球を選択しようRegina
  • ボールをスタンスの中央に置いた状態からロフトを立てると、両手が左足よりも目標側にはみ出てしまうのでクラブを振りにくくなる。ロフトを立てたら、右足小指の前ぐらいにボールをセットすると、両手は体の真ん中にくるRegina
  • バックスイングでは両手が右腰よりも少し上にくるぐらいまで上げるイメージ。ただし、手でクラブを上げるのではなく、体を回転することで上げようRegina
  • フォロースルーでは両手が左腰の高さぐらいにきたところでスイングを止めるイメージ。いつものフィニッシュまで振り切る必要はないRegina