白龍の一部となって3,333段を駆け上る
エクストリームなレースに参加した!

筆者レベルのペースだと「RED BULL 400 SAPPORO OKURAYAMA」のときのように、ゴール後に倒れこむ参加者は皆無。みんな達成感あふれるいい表情をしていた。【写真:南井正弘】

筆者レベルのペースだと「RED BULL 400 SAPPORO OKURAYAMA」のときのように、ゴール後に倒れこむ参加者は皆無。みんな達成感あふれるいい表情をしていた。【写真:南井正弘】
この写真の記事へ