買って損なし!ユーティリティを探しているならコレ!テーラーメイド「M4 レスキュー(2021年モデル)」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

テーラーメイドが独自のテクノロジーを搭載し、2018年に大ヒットしたM4シリーズが新たな仕様で発売されました。そこで今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに、「M4 レスキュー(2021年モデル)」の特徴を解説していただきました。

2021年モデルのM4シリーズ

【スポナビGolf】

テーラーメイドのM4シリーズは2018年に発売されたシリーズです。それを再設計してリーズナブルな値段で売るというのは良い方法だなと思います。

M4レスキューの特徴

クラブの性能は当時から基本変わっていません。

【スポナビGolf】

テクノロジーはここにある溝です。最新のステルスシリーズでは貫通型スピードポケットという形で進化していますが、2018年当時はスピードポケットというテクノロジーで、貫通しておらず、フェース下部のオフセンターヒットの時のエネルギーロスを軽減するように設計されています。

【スポナビGolf】

スプリットウェイトという、パターでいうトゥ・ヒールウェイトみたいなものが装着されています。ヒール側とトゥ側にウェイトを装着することで、ヘッドのブレを抑えてオフセンターヒットの時のミスを少なくする設計です。

【スポナビGolf】

フェース内部の設計で、インバーテッド・コーン・テクノロジーはいまだにテーラーメイドが使っている基本となるテクノロジーです。フェース内部の肉厚や重心を調整して、番手別でミスに強いそれぞれ最適化する設計になっています。

【スポナビGolf】

2018年当時は、FUBUKIというシャフトが入っていてもう少し軽量でした。

【スポナビGolf】

今回は主にUS市場に装着されている、Fujikura Atomsのシャフトが装着されてます。AtomsというシャフトはUS仕様というわけではないと思いますが、実際に振ってみると割とシャキッとしていて非常に当てやすく、余分な動きのないシャフトになってます。

2018年モデルと一番の相違点はシャフトの重量です。当時のFUBUKIのシャフト重量は非常に軽いものが付いていましたが、今回のAtomsは20gくらい重くなってます。

クラブフィッターの観点から見ると、クラブの重量はシャフトの総重量で調整することが多いです。ドライバーが50gくらいであれば、ユーティリティの番手にもよりますが大体70gくらいのシャフトを付けると、ちょうどウェイトフローと言われるクラブの重さの階段がしっかり揃うようになります。通常のユーティリティ(レスキュー)では軽いと感じる人や、しっかり振りたい人にはこのシャフトのままで使えると思います。

試打した感想

【スポナビGolf】

実際振っていてクセがなくつかまりも適度です。番手ラインナップも3番(19°)・4番(22°)・5番(25°)なので、自分の欲しい距離に合わせて番手を選ぶことができます。

おすすめユーザー

リーズナブルな値段で新品です。これは逃す手はないと思うんです。こういうクセのないユーティリティ(レスキュー)が1本あって損はないと思います。何かユーティリティが欲しい人はまずM4 レスキューを候補に挙げるといいと思います。非常に使いやすいユーティリティ(レスキュー)です。

【スポナビGolf】

テーラーメイドのレスキューをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧