【スインガー】あなたのスイングタイプはどっち?【ヒッター】

Gridge(グリッジ)

【(c)publicdomainq】

こんにちは! 飛太郎です。

よく聞く話ですが、ゴルフには「スイングのタイプ」があるってお話。

“4スタンス理論”などもそれに類するのかも知れませんが、ご自身のスイングタイプについてお考えになったこと、皆さんありますか?

今回は「スインガー」と「ヒッター」の2種類を比較して、考えてみたいと思います♪

どっちが良いとかって、あるんでしょうかね?

一般論を基に、皆さんで一緒に考えてみませんか♪

まずは「ヒッター」の定義と特性について

一般的に、ゴルフスイングを全体として考えるのではなく、テークバックからインパクトにのみ集中して、ボールを「打つ(ヒット)」スイングタイプですね。

要は「エリア」や「線」としてではなく、ゴルフスイングを「点」としてとらえたスイングとも言えます。

特徴としては、ある程度の飛距離が出せる人に多く見られる傾向にあるようです。

その理由の一つとしては、インパクトにのみ集中するという点にあると僕は考えています。

思い切りよく打つためのスイングなので、飛距離が出て当然とも言えるでしょう。

ただ当然ではありますが、飛距離が出しやすい反面、方向性や安定性を欠くという特性も持ちます。

昔の飛太郎は完全にこのタイプでした(笑)。

続いて「スインガー」の定義と特性について

こちらは先ほどのヒッターとは対照的に、ゴルフスイングを「エリア」としてとらえたスイングタイプ。

ヒッターのようにボールを「打つ」という認識ではなく、ボールは「一連のスイングによって運ばれる」ととらえており、スイング全体のバランスを重視する型とも呼べます。

スイングテンポ、リズムなどを重視する傾向にあり、特徴としては方向性と安定性が確立されやすいというものがあります。

反面、ヒッターに比べて飛距離が出せない人が多いという特徴も併せ持ちます。

さてここまでが一般論であり、皆さんがこのたった2種類に大別されてしまうなどとは僕は考えていません。

それぞれの要素を、ご自身の好みで取り入れましょう!

完全なるヒッターや、完全なるスインガー。

僕はそんな人、存在しないと思っています。

僕ら人間の性格が血液型でキッチリ分かれるという訳でないのと似ていますが、「どちらかといえば」スインガー、あるいはヒッター、といった具合にある種の傾向を示す。

それであれば、たくさんいらっしゃることでしょう。

大切なのは、ご自身のゴルフにそれぞれ何を求め、どんなスパイスを加えるか。

僕は毎回のように「飛距離、飛距離」と言っていますが(笑)、それは一般ゴルファーの方よりもその部分が少しだけ得意だというだけです。

ドラコン競技に参加させていただいている身なのだから当たり前なんですが、僕からはこの「人よりはちょっと飛ぶ」というスパイスを、皆様にこうしてご提供させていただいている訳でございます。

それが「寄せなら任せろスパイス」でも、「方向性ばっちりスパイス」でも良い訳です。

スイングタイプはあくまでも現状を推し量るための定規。

そこでアナタがどんなスパイスをチョイスし、どんなゴルファーへと変身していくのかは、アナタの自由だと僕は思っています。

どちらが優れている、というものではないと思いませんか?

蛇足ですが、ドラコン競技においてもそれは言えるでしょう。

誰よりも飛ばさなきゃ勝てない競技ではありますが、有効打として計測されなければ意味がないので、フェアウェイをとらえる方向性も不可欠なのですから。

……僕の師匠みたいに、ぶっ飛んだ上に方向性までガッツリって人、ズルいと思いません?(泣)

それではまた! 飛太郎でした。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧