全身に使えるシアバターの魅力とは

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 肌が乾燥するとカサカサになりがちですよね。うるおい対策として、最近人気を集めているのがシアバターです。頭から爪先まで使えるシアバターの魅力に迫ります。

※リンク先は外部サイトの場合があります

シアバターとは?

シアバターとは、西アフリカから中央アフリカに自生するアカテツ科の植物、シアの木(シアーバターノキ)の実から採れる植物性油脂のことです。常温では固形ですが、肌にのせると体温でゆっくり溶けていくため、オイルではなくバターと呼ばれています。

現地ではシアの木は「聖なる木」とされ、古くから食料品や医薬品、燃料として重宝されてきました。アボカドに似た果肉は食用として使用され、実の中にある種から抽出した油分がシアバターの原料になります。

日本でも天然の保湿クリームとして認知されるようになり、化粧品の材料として、スキンケアから、ハンドケア、ヘアケア、日焼け止め製品まで広く使用されています。

シアバターの効能

シアバターの主成分は、オレイン酸やステアリン酸などの脂肪酸で、優れた保湿効果があります。人の皮脂に近い成分が豊富に含まれているので、肌なじみが良いのが特徴です。水分の蒸発を防ぐ皮脂膜の働きを助け、肌を乾燥から守ります。

また、抗酸化作用のあるトコフェロール(天然ビタミンE)も含まれており、エイジングケアにも適しています。さらには、紫外線吸収作用のある成分も含まれているため、わずかですが日焼け止め効果も期待できるでしょう。

シアバターは肌への刺激が少なく、アレルギーが起こりにくいので、小さな子どもや肌が敏感な人でも使用できると考えられています。

シアバターの使い方

シアバターは、頭から爪先までマルチに使えるのが魅力です。フェイスクリームやボディクリームとしてはもちろん、リップバームや髪のスタイリング剤、ひげ剃りあとのケアなどにも使用できます。髪に使うときは、一度にたくさん塗らず少量ずつ使うのがポイントです。

シアバターは約36℃になると溶けます。手のひらで温めて溶けた状態になってから使いましょう。夏場は溶けやすいので、冷蔵庫で保管することをおすすめします。

シアバターが含まれている化粧品はたくさんありますが、その効果を十分に体感したいのであれば、添加物などが含まれていない純度100%のものを選びましょう。

【参考】
シア脂とは…成分効果と毒性を解説|化粧品成分オンライン
https://cosmetic-ingredients.org/base/シア脂の成分効果と毒性/
(参照 2020-11-04)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧