プロからも高評価!アスリート向け!ヨネックス「EZONE GT シリーズ」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回、クラブフィッターの小倉勇人さんがヨネックスの2022年新製品「EZONE GT シリーズ」をまとめて試打。その特徴や感想を語っていただきました。

ヨネックスのクラブの特徴

ラケットスポーツで有名なヨネックス。ラケット作りなどで培われたカーボンの技術が、ゴルフクラブの開発にもふんだんに使われてます。自社でシャフトまで作るヨネックスも、もちろんクラブとしてパフォーマンスが高いものが多いです。

アスリート向け:EZONE GTシリーズ

EZONE GTシリーズはどちらかと言えば、アクティブゴルファー、いわゆるアスリート向けの仕様になってます。

ドライバー2モデル、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンがラインナップされています。

【スポナビGolf】

ドライバーの2モデルは明確に味付けがされてます。425と書いてあるモデルはヘッドの容量が425ccという意味。ヘッドを小ぶりにしてヘッドの追従性・操作性を高めた仕様になってます。

【スポナビGolf】

もう1つはヘッド容量が450ccで、450と書いてあります。どちらかというと直進性やミスへの強さを重視した仕様になっています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

フェアウェイウッドやユーティリティに関しては、単品でいろんなクラブに入れ込めるシャフトが秀逸。重量は軽めではあるけど、強振してもクセのない動きをしてくれるので、いろんなクラブとマッチングできる懐の深さがあります。

EZONE GT フェアウェイウッド(2022)

【スポナビGolf】

アイアンはどちらかというと飛び系です。飛び系ですがつかまりすぎないところに好感が持てました。

独自の発想で作られたクラブ

【スポナビGolf】

個人的な感覚かもしれないですが、独自の技術をたくさん持っています。

例えばドライバーのフェース面は縦にミーリングを入れてボールの滑りを減らす、CNC縦ミーリングフェースもそのひとつです。

【スポナビGolf】

フェアウェイウッドやユーティリティに採用されている、溝が斜めに入っているスラントグルーブフェース。

溝を斜めにすることで、ボールがつかまる方向のスピンを増やそうという意図があります。

ツアープロから評価が高い!EZONE GTシリーズ

EZONE GTシリーズを触るのは初めてだったんですが、ゴルフフェアで矢野東プロも評価していて、非常にいいと周りからも評判があったので私も触ってみたいと思ってたんです。予想を上回るできでとても気持ちいいクラブです。

ヨネックスEZONE GTは絶対良いクラブなので、いろんな方に触ってもらえば高い評価になると思います。見かけたらぜひ触って試してみてください。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧