買うなら今!初心者も使える新仕様モデル!テーラーメイド「M4 アイアン(2021モデル)」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2018年に大ヒットしたM4シリーズが新たな仕様で発売されました。そこで今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに、M4アイアン(2021年モデル)の特徴を解説していただきました。

2021年モデルのM4シリーズ

【スポナビGolf】

テーラーメイドのM4アイアンは2018年発売のモデルになります。このM4のヘッドを使って、2021年にリーズナブルなラインとして再設計され発売されました。

M4アイアンの特徴

【スポナビGolf】

ソールに溝を入れて、フェース下部のオフセンターヒットによるエネルギーロスを軽減するスピードポケットが搭載されています。

【スポナビGolf】

そのほか、ヘッド内部なので見えないのですが、RIBCOR(リブコア)とフェイススロットという2つのテクノロジーが搭載されています。オフセンターヒットや芯を捉えたときの両方をフェースの反発力を高めて、いかに飛距離に繋げるかというテクノロジーです。

今回のM4アイアンは7番で28.5°と、最近の飛び系アイアンと比較してもそこそこ立っているロフトです。

【スポナビGolf】

長さは7番で37インチなので標準的な長さですが、しっかりロフトを立てて飛距離を狙いつつ、テクノロジーでミスに強くボールを高く上げる仕様のアイアンです。

【スポナビGolf】

シャフトが2つ選べます。

1つはKBS MAXという、80g台で適度に軽い軽量のスチールシャフトになります。パワーのある人はこれで十分でしょう。

【スポナビGolf】

もう1つ、カーボンシャフトでFujikura Atoms Redというシャフトが用意されています。ドライバー・フェアウェイウッド・レスキューに付いているシャフトと同じ銘柄で、日本では珍しい純正のカーボンの割には少し重い設定になってます。

フレックスSで80g台、Rで70g台と、一般的に日本で発売されている純正カーボンシャフトより10〜20gくらい重い仕様です。

この重量のクラブは珍しいので、これを逃すと自分でリシャフトする必要があります。こういうクラブが欲しいと思う人は、早く買わないとなくなる可能性があると思います。

試打した感想

【スポナビGolf】

実際打っていて、しっかり球は上がります。28.5°というロフトなので、距離は当然黙ってても出るし、高さもしっかり出るので、そんなにパワーがない人でも十分使えるクラブになっています。

スチール&カーボンおすすめユーザー

このM4アイアン、スチールシャフトの仕様で特におすすめは初心者です。初心者にすすめるには飛距離志向が強いかなと思う点もあるんですけど、新品でしっかりしたものでスコアを出していきたい人におすすめのモデルです。

カーボンシャフトの方はAtomsは割と中庸な設計ながら、しっかり80g台の重さがあります。衝撃吸収力が高いので、肘が痛いとか体に不安のある人にもおすすめできます。重めのカーボンシャフトを試してみたい人にもおすすめで、値段的にもいい選択肢かなと思います。

【スポナビGolf】

テーラーメイドのアイアンをチェック「!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧