マスクは魔法のアイテム!?身を守る以外のさまざまなメリットとは

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 新型コロナウイルス対策のエチケットとして浸透しているマスクを、手放せない人が増えているという。身を守る以外の面でも、さまざまなメリットを感じているというのが理由だ。どのような効果があるのだろうか。

※リンク先は外部サイトの場合があります

◆安心感
コロナの脅威が続き、外出時や人前でうっかりマスク着用を忘れたときには、周囲からの冷たい視線にさらされ、怒鳴られた人も。自粛警察なるものが登場する日本では、「マスクなし=社会悪」とみなされる風潮がある。マスクをする行為自体が、まるで人権が確保されたかのように、精神的な安心感を得られる。

◆距離感
コミュニケーションが得意でない人、人間関係がわずらわしい人にとって、マスクを着用することで他人と一定の距離が保たれ、自分のテリトリーを侵されにくい。視線は確保されていることから、マスクに守られてリラックスできる不思議な感覚がある。

◆仮面効果
マスクで表情が気付かれにくく、自信を持てるようになる。心理学用語でいう「仮面効果」で、自分ではない人のように変身できる効果があるとされる。あがり性の人や、容姿にコンプレックスを持つ人が、他人の視線が気にならなくなり「プレゼンに成功した」「堂々と話せるようになった」という例も。

◆美容効果
マスクで顔の下半分が隠れることから、目元がより強調されて印象的に見える。黒いマスクには小顔効果があり、マスク自体にさまざまな色やデザインがほどこされ、ファッションアイテムの1つとなっている。マスク内の呼気で保湿効果を感じている人も。
◆隠し効果
顔バレ帽子のため、マスクで顔を隠して行動する有名人は多いが、女性にとっては面倒な化粧をせず、すっぴんのまま外出できることでもマスクは重宝される。また口臭に悩む人には、マスクをすることでニオイの元にフタをすることになり、周囲に与える影響は軽減される。

【まとめ】
マスク着用が習慣化するうち、見た目でも精神面でも助けてくれるマスクの便利さに気付い人は多いことだろう。

一方で、表情が見えないことで人間関係がうまくいかなかったり、呼吸が苦しかったり、肌がかぶれたり、熱中症リスクといったデメリットもある。

マスクの持つ良い面だけでなく、悪い面も踏まえたうえで、心のバランスを整えるアイテムとして、上手に使いこなしてほしい。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文/構成:ココカラネクスト編集部]
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧