『まっすぐ引いてまっすぐ出す』打ち方ではダメなマレットパターもある!

Gridge(グリッジ)

【(c)GAHAG】

一般的にマレットタイプのパターは、その直進性を生かすために、『まっすぐ引いてまっすぐ出すようにストロークしなさい』とよく言われます。

しかし最近のマレットパターの中にはパターフェースが開閉しやすく、イン・トゥ・インのストローク軌道を意識して打ったほうがよいパターがあるんです。

※リンク先は外部サイトの場合があります

私のパットを劇的に変えてくれたパターです

【(c)Gridge】

私がここ数年ほど愛用しているパターがオデッセイさんの「2ボール FANG(ファング)」というモデル。

人気モデルの2ボールと宮里藍さんが全盛期に使っていたXG TERON(テロン)を合体させたような、見た目も重量もゴツいパターです。

パターイップスに陥り下を向いてばかりいた私は、このパターに出会わなければ、もしかするとゴルフをやめていたかもしれません。

と、それくらい私のゴルフ人生を大きく左右したパターなのですが、実は私は大きな勘違いをしたままこのパターを購入したのです。

ショートスラントネックで操作性の良いマレットパター

元々私が使っていたパターはフェースを開閉しやすく操作性の良いL字パター。

なので私は直進性に優れてオートマチックに打てるようにと、マレットパターを購入したわけです。

ところが後になってわかったのですが、私の購入した2ボール FANGは、フェースの開閉を利用して打ちやすいマレットパターだったのです。

ショートスラントネックという従来L字パターに装着されるネック形状になっているため、マレットタイプなのに操作性があり、フェースの開閉を利用しやすい設計になっています。

私の場合は勘違いで購入したにも関わらず、元々使っていたのがL字パターだったので違和感なくすんなり使えたということですね(私のパターイップスの原因は、ストローク軌道ではなく、パター重量やメンタルからくるものだったようです)。

パター選びは慎重に!

マレットタイプにショートスラントネックを装着して操作性を良くしているモデルは、アメリカPGAツアーのトッププロも積極的に使っているそうです。

そういうこともあり、各メーカーもここのところショートスラントネックのパターを次々に市場に投入してきています。

選択肢が増えるという意味では良いことですが、パターを買い替えるときはよくパターの特性をわかったうえで購入する必要がありますよ!

直進性が良く相性の良かったマレットパターをショートスラントネックのマレットパターに買い替えたばっかりに、パターの調子がすこぶる悪くなった…なんてことがないようにしましょう。

特にネットショッピングでゴルフクラブを購入する皆さんは、慎重に吟味してから購入をしたほうが良さそうですね。


ということで今回はこのへんで。

それでは、また!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧