【アプローチ成功の考え方】福田真未 スイングココだけ注意!

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

アプローチで悩んでいませんか?距離感や打ちたい球をイメージすることで、アプローチでピンに寄せられる確率がグッとあがります。練習でも狙う目標に変化をつけることでより実践的な練習ができるので、ぜひ参考にしてみてください。

※リンク先は外部サイトの場合があります

球の高さをイメージする

【GOLF Net TV】

状況にもよるのですが、球の高さをすごくイメージしてアプローチをしています。上げて止めたいので、自分の中では少し高い弾道をイメージすることが多いです。風がアゲインストの時や、受けているところだったらしっかり目に打ちたいので、スイングを変えずに少し右足よりにボールを置いてアプローチすることもあります。

【GOLF Net TV】

私の場合は振り幅で距離を決めてるので、スイングスピードは全く変えません。50ヤードくらいの場合、ボールを真ん中に置いて、肩から肩まで振ると決めています。あとは、ピンというよりは落とすところに意識を向けて打っています。

【GOLF Net TV】

どうしてもラフだとラフの抵抗でフェースが被ってしまうので、フェースを開いてしっかり振ることを意識しています。

大切なのはイメージ力!

【GOLF Net TV】

ボールを曲げる感覚にアプローチはすごく似ていると思うので、グリーン周りや50ヤードのアプローチでもポーンと投げるような感覚で打ちます。その感覚を持ってアプローチすると意外と同じような軌道で飛ぶと思うので、投げる感覚に似ていると思います。振り幅を気にしないで、目標に向かってアプローチしてほしいです。その方が、アプローチの振り幅がわからなくてもある程度のところには絶対行くと思います。

【GOLF Net TV】

どんな球筋でどこに打つのかが分からないと、インパクトが強くなったりいろいろなことをしてしまいます。球の高さを出したいと思ってアドレスに入るのと、イメージしないでアドレスに入るのでは少し違ってくると思うので、イメージを描くことが大事です。

アプローチの練習法

【GOLF Net TV】

私の場合は、50ヤードを狙って、2〜3球打って、40、30ヤードだったりと減らしていって、また50ヤードに戻ったりと変化を加えて練習しています。変化をつけた方がより実践的だと思います。50ヤードばかりを打ってしまうと、それより短い距離を打とうとした時に「あれ?」ってなってしまうと思うので、同じところだけを狙うのではなく、右を狙ったり、左を狙ったりすることが大事です。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧