【2022年最新】アイアン売れ筋ランキングTOP10 4月度に続きステルスが首位に

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

2022年5月1日〜31日の1か月で最も売れたアイアンをランキング形式でご紹介します。2022年4月度に引き続き、テーラーメイド最新作「ステルス アイアン」が首位にランクインしました。ゴルファーにいま最も注目されているアイアンをぜひチェックしてみてください。

※ランキングは矢野経済研究所「YPSゴルフデータ」を参考にしています(ただし、レディースモデルは除く)。

1位:テーラーメイド「ステルス アイアン」

前作SIM2 MAXアイアンの後継モデルとして登場しましたが、デザインがガラッと変わり、テーラーメイドのPシリーズのアイアンのようなデザインになりました。

すっきりしたバックフェースの中にも、トゥ側の肉厚を取って10g分の重量を適所に配置したり、インパクト時の衝撃と振動を低減するエコーダンピングシステムというラバー系の素材をフェースの裏側に配したりと、いろんなテクノロジーが入っています。

2位:ダンロップ「ゼクシオ 12 アイアン」

ゼクシオのアイアンというと、基本的にはやさしいアイアンというイメージだと思います。今回のゼクシオ 12も期待を裏切らないやさしいアイアンです。

ゼクシオは代々チタンフェースを使っており、今回のゼクシオ12はチタンフェースの下の部分に溝を彫ることによって、よりチタンフェースをたわませて距離を出そうという設計になってます。球がさらに上がりやすくなって、ミスに強いアイアンに仕上がってます。

3位:PING「i525 アイアン」

i525アイアンはi500アイアンの後継モデルです。

i500アイアンはヘッドが小ぶりで、ブレードタイプなのに飛ばせるというのが特徴でした。その後継ということで、今回のi525もバックフェースがすっきりしたデザインになっています。ヘッドサイズも結構小ぶりです。7番のロフトが29°なので、スマートなルックスなのに飛ばせるのが特徴です。

4〜10位のアイアンもチェック!

4位:キャロウェイ「ローグST MAX アイアン」

ヘッド素材:17-4ステンレススチール
ロフト角(#7):27.5°
ライ角(#7):62.5°
5位:PING「G425 アイアン」

ヘッド素材:ハイパー17-4ステンレススチール
ロフト角(#7):30°
ライ角(#7):62°
6位:キャロウェイ「ローグST MAX FAST アイアン」

ヘッド素材:カーペンター450スチール
ロフト角(#7):27°
ライ角(#7):61.5°
7位:ミズノ「Mizuno Pro 225 アイアン」

ヘッド素材:クロムモリブデン鋼、ソフトステンレススチール、マイルドスチール
ロフト角(#7):30°
ライ角(#7):61.5°
8位:キャロウェイ「ローグST MAX OS アイアン」

ヘッド素材:17-4ステンレススチール
ロフト角(#7):28.5°
ライ角(#7):62.5°
9位:ダンロップ「スリクソン ZX5 アイアン」

ヘッド素材:軟鉄
ロフト角(#7):31°
ライ角(#7):62°
10位:プロギア「03 アイアン」

ヘッド素材:軟鉄
ロフト角(#7):26°
ライ角(#7):61°
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧