初心者ゴルファーにも◎ 新たな仕様で再登場!テーラーメイド「M4 ドライバー(2021 モデル)」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2018年にテーラーメイドが独自のテクノロジーを搭載し、大ヒットしたM4シリーズが新たな仕様で発売されました。そこで今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに、M4ドライバー(2021年モデル)の特徴を解説していただきました。

2021年モデルのM4シリーズとは

【スポナビGolf】

詳しい方は「うん?」と思うかもしれませんが、2018年にM4ドライバーは発売されていたモデルです。そのモデルをなぜ今回紹介するかというと、テーラーメイドの中のリーズナブルなラインとして再設計されて2021年から改めて発売されているからです。

M4ドライバーの特徴

【スポナビGolf】

テクノロジーを簡単におさらいしますと、まずはツイストフェース。今のステルスでも1つ前のSIM2でも継続して使われてきたテクノロジーです。

フェース面をあえてひねって作ることで、オフセンターヒットの際のサイドスピンを軽減するテクノロジーです。

【スポナビGolf】

もう一つ主なテクノロジーとしてはハンマーヘッド。フェースのすぐ裏に溝を作って、フェース下部のオフセンターヒットによるエネルギーロスを軽減するように設計されています。

【スポナビGolf】

今はこのテクノロジーは貫通型スピードポケットという形に進化しています。

【スポナビGolf】

2018年仕様と今回2021年に再設計されたモデルは、シャフトが違います。前回はアジア専用に設計されたFUBUKIが付いていましたが、今回のモデルはFujikura Atomsというシャフトがついています。あまり聞き慣れないシャフトかもしれませんが、US仕様では非常にポピュラーでよく付けられているシャフトです。一言で言ってしまえば、US仕様がそのまま入ってきているのかなと思います。

振り心地は、当時のFUBUKIと比べて割とシャキッとして非常にミートしやすくなったという個人的な印象です。パワーのある人が振ってもしなる感じもなく、強振してもしっかりついてきてくれるシャフトになっています。

試打した感想

【スポナビGolf】

改めて打ってみましたが、直進性が高くて今打っても良いクラブだなと思います。私自身コントロール性の高いクラブが大好きなんですが、スコアを作っていったり、狙ったところに安定したボールを置きにいくと考えるとよくできたクラブです。古いモデルだからといって性能が劣っているというわけではありません。

おすすめユーザー

若くてゴルフを始めたばかりの人に使って欲しいクラブです。中古でも安くて良い物があるんですけど、やはり自分が使っていてうまくなっていく中で、新品の方が長く大事にできると思います。

性能がいいものがリニューアルして手頃な価格で手に入るチャンスです。ぜひ手に取ってみてください。

【スポナビGolf】

テーラーメイドのドライバーをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧