理想は“小鳥を包む”!? 手元の脱力でスライスが治る【ノンスタ井上、100切りへの道】(東浩子プロ編)

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

『ゴルフにカタナシ〜NONSTYLE‐GOLF〜』はノンスタイル井上裕介となみきが、女子プロゴルファーからゴルフの話はもちろん、恋バナやお金の話などなど型にはまらないトークでその素顔を丸裸にしようという番組。

MCを務める芸人、井上裕介さんは現在ベストスコア113で、2022年中の“100切り”を目標にしているが、なかなか達成できない。日々練習をしているものの、疑問ばかりが浮かんでくるという。

というわけで、収録の合間を利用して各プロから直接ワンポイントレッスンをして頂きました。今回の先生は東浩子プロ。ココだけの特別記事をお楽しみください!

ドライバーのスライスに悩む井上さん

芸人NON STYLEの井上裕介さんは、ゴルフに真剣に取り組み始めて1年になる。現在のベストスコアは113で、今年中の100切りを目標に掲げているが、ゴルフに関する悩みは尽きない。そんな中、自身がMCを務める「GOLF NetTV」の人気番組「ゴルフにカタナシ〜NON STYLE-GOLF〜」の中で、トッププロの直接指導を受ける機会に恵まれた。

今回、井上さんを指導したのは、1992年生まれ「最強アズマ軍団」の団長でもある東浩子プロだ。

「1番の問題点は手元に力が入っていることですね。特に右手にグーッと力が入るとフェースがしっかり返ってくれなくなります。理想はしっかり返しながらインに抜いていくこと。そのためには、手元の力を抜くことが大切です」(東プロ)

【GOLF NeT TV】

“小鳥を包む”くらいやさしく握りたい

ドライバーのスライスに悩む井上さんのスイングを見た東プロが指摘したのは手元の力み。グリップをギュッと握ってしまうことで、ヘッドがスムーズに動かなくなるばかりか、体も回転しづらくなるため、インパクトでフェースが開きになるというのだ。

手元の力みを取るには、肩など大きな筋肉を使って、クラブを運ぶイメージを持つことが大切です。クラブを持っているだけという状態が究極で、例えるなら“小鳥を包む”くらいやさしく握りたいですね。力みが取れるとスライスから、つかまったフックになるのでインパクトの厚みも感じられるようになりますよ」(東プロ)

インパクトの厚みについては、「難しくて分からない」と話した井上さんだが、手元の脱力を意識しただけでも、球筋には大きな変化が。「めっちゃ真っすぐ行きました! 右手は添えるだけですね」とスライスを治すコツを掴んだようだった。

【GOLF Net TV】

92年生まれ女子プロ集団「最強アズマ軍団」が体験したエピソードを披露していたら、想像以上にヤバイ話が…「フィリピン島流し事件」とは一体!?!『ゴルフにカタナシ〜NONSTYLE‐GOLF〜』は、毎週日曜0時に新エピソード更新! 【GOLF NeT TV】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧