【今が買い】格安で新品が手に入る!テーラーメイドの人気モデル「M4 シリーズ(2021)」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2018年に登場し、大ヒットしたテーラーメイド「M4シリーズ」が新たな仕様で発売されました。そこで今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに、M4シリーズ(2021年モデル)の特徴をまとめて解説していただきました。

M4シリーズの特徴

2018年に発売されたテーラーメイドの大ヒットモデル「M4シリーズ」が新たな仕様になって2021年に発売されました。

すでに基本的なテクノロジーはご存じかと思いますが、ざっとおさらいします。

【スポナビGolf】

2018年にM3とM4が同時に発売されました。今ではテーラーメイドのテクノロジーの主流になっているツイストフェースがはじめて搭載されたのです。

フェースをあらかじめ捻った状態で設計することで、オフセンターヒット芯を外した時のサイドスピンなどミスを軽減するテクノロジーです。

【スポナビGolf】

それからもう一つがハンマーヘッド。ここが少し凹んで溝のようになっています。

【スポナビGolf】

現在のステルスでは貫通型スピードポケットというテクノロジーに進化していて、その元となったテクノロジーです。

溝を彫ることによってフェース面に折りたたんだ部分を作ることで、フェースのたわみをコントロールしミスを軽減してます。もちろんフェース面のカーボンもあります。

このようなテクノロジーで当時大ヒットしたモデルが、今回リーズナブルなラインで改めてドライバー・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアンと全てのラインでラインナップされました。

【スポナビGolf】

当時の仕様と少し違うところがシャフトです。今回はFujikura Atmosというシャフトが装着されてます。当時はFUBUKIだったと思いますが、日本仕様に合わせてシャフトが装着されていました。

今回のAtmosというのは主にアメリカ市場に流通している仕様のシャフトです。それを今回は、ドライバー・フェアウェイウッド・レスキューに採用しています(アイアンはAtmos(カーボン)とKBS Max85(スチール)の2タイプ)。

試打した感想

それぞれ試打しましたが、以前の仕様と比べて割とシャキッとした印象があります。重量的にはおそらく変わらないか、少し重いかな?くらいだと思います。

振り心地としては同じくらいなんですが、シャフトに芯があるようなシャキッとした感じになるので、若いゴルファーが最初に使うワンセットとして考えるには、非常に良い仕上がりで適したシリーズだと思います。

おすすめユーザー

個人的な印象として、割と直進性の高い仕様で極端なつかまりもなく、ちょうどニュートラルなポジションにいるやさしいクラブです。そういった意味でも初心者、中級者にも扱いやすいかなと思います。

変にクセがついているものを使って、真っ直ぐいかそうとするとまた違ったクセがついたりします。極端にやさしいシリーズではないですが、クセがないので初心者や上達志向のあるゴルファーにもおすすめできます。

リーズナブルな今が買い!

【スポナビGolf】

M4は大ヒットしたモデルなので中古市場にはたくさんありますが、初めて買うならちゃんとしたものが欲しいとか新品が良いなど、こだわりを持って長く使いたいというのであれば、このセットはかなりリーズナブルといえるでしょう。ぜひチェックしてみてください!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧