【ダンベル筋トレ】肩の筋肉を大きく育てる。「サイドレイズ」の正しいやり方

MELOS -メロス-

【melos】

 今回は「サイドレイズ」の正しいやり方をご紹介。ダンベルを使って肩の筋肉を鍛えるトレーニングで。初心者の方も、ぜひやってみてください。ダンベルは、水の入ったペットボトルでも代用できます。

 ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、トライアスロンや自転車競技などで活躍しているMIHOさんが、トレーニングの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

サイドレイズの正しいやり方

1.ダンベルを持って軽く肘を曲げる
2.足は肩幅に開いて軽く前傾姿勢を作る(スタートポジション)
3.ゆっくりと肩と同じ高さまで上げる
4.重さに耐えながら、スタートポジションに戻す

【melos】

【melos】

実施回数
10回×3セット

トレーニングのポイント
・反動は使わない
・ダンベルは肩より高く上げない
・常に三角筋を意識

鍛えられる部位
・三角筋 etc…

三角筋とは

 肩の代表的な筋肉である三角筋は、腕の付け根に盛り上がってついています。三角筋は前部・中部・後部と3つの部位に分けることができます。

 前部は鎖骨から、中部は肩峰から、後部は肩甲骨からというように筋肉の付着部が異なっているのです。そのため、それぞれ鍛えるためのエクササイズ種目が異なります。

 なお、丸く大きな肩を作り上げるためには、前部・中部・後部を全体的に鍛えることが必要です。

【melos】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

MELOS -メロス-

スポーツ×ライフスタイルWEBマガジン「MELOS -メロス-」では、ビジネス、健康、ビューティ、子育て、食、テクノロジーなど、生活にまつわるさまざまなテーマとスポーツの新たな形をコンテンツを通じて提案。アスリートや著名人などの単独インタビュー、体験レポート、ハウツーなど、オリジナルコンテンツをお届けしています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧