未経験者がゴルフを楽しめるようにする方法(コース選び編)

Gridge(グリッジ)

【(c)イラストAC】

ゴルフ未経験者の人がゴルフを好きになるのか、嫌いになるのかは“1回目のラウンド”で決まると言っても過言ではありません!

私の自論としては「どこでゴルフをするかより、誰とゴルフをするのか?」

そこが1番大事だと思ってます。

ですのでこれから周りの未経験者にゴルフを始めさせたいと思ってる方がいましたら、この記事を参考にして、ぜひゴルフ場で楽しさを教えてあげてください。

今回はコース選び編です。

スタート時間は遅めの時間で予約を取ってあげましょう!

ゴルフが嫌いだという人の理由の一つとして、休みの日に朝早く起きたくないということを良く耳にします。

ですので未経験者にとって、朝の5時や6時集合なんて苦痛でしかないのです。

子供の遠足と同じで、ゴルフが好きな人にとっては朝が早いのなんてなんの苦にもなりませんが、ゴルフの楽しさを知らない人にとっては早朝からのゴルフなんて敬遠材料にしかなりません。

まずは早朝でなくてもゴルフができるということを教えてあげてください。

また1番遅いスタートの組のほうが後続の組からのプレッシャーも少ないので、比較的のんびりラウンドできると思います。

薄暮プレーなどのハーフラウンドくらいがおすすめ!

夏場であれば薄暮プレーのハーフラウンドがお勧めです!

私の経験上、初デビューの女性の方は9ホールでも疲れてしまったり、飽きてしまうので、逆にもう少しやりたいなと思うくらいで終わるほうがちょうど良いのです。

そして薄暮プレーならゆっくり行ける分、コースの練習場で最終チェックをしたり、練習グリーンでグリーン上のマナーや傾斜の読み方などゆっくり教えてあげてください!

距離が短くやさしいコースを選んであげましょう!

距離が短くてやさしいコースを選び、気持ち良くラウンドさせてあげましょう!

本当は打ち下ろしの多いコースとかが良いのですが、打ち上げのホールがその何倍も辛いので、平坦なコースのほうが無難だと思います。

それから少し遠くてもできるだけ空いてるコースを選ぶことも忘れないでおいてください。

まとめ

やっぱりゴルフの楽しさを教えるにはゴルフコースに行くのが一番ですが、準備やコース選びを怠ると、逆につまらくなってしまいます。

もし100ヤード以上飛ばないのであればショートコースでも良いと思います。

また雰囲気を伝えるのであれば、シミュレーションゴルフでも構いません。

コース未経験者からすると、ちょっとしたことでも本当に楽しく感じますので、上手く盛り上げて次へのラウンドへつなげてあげてください!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧