【ゴルフ】下半身の回転が飛距離アップのカギを握っている!

ココカラネクスト

【(c)CoCoKARAnext】

 トータルゴルフフィットネス ゴルフコーチの橋本です。

今回の特別編では、100歳でもゴルフ応援プロジェクトリーダーである小林トレーナーとコラボした内容をお届けします。

今回取り上げるテーマは『飛距離アップ』です。

年齢を重ねるごとに飛距離が落ちてきたという悩みはとても多く耳にします。

周りの人もそうだからと言って諦めてはいませんか?

周りが落ちてきたからこそ、しっかりと現状を理解し自分に合った取り組みをすることで周りとの差をつけるチャンスです。

そこで今回は、飛距離を落としたくないという目標をお持ちの小林トレーナーに実際にレッスンを受けていただきます。

※リンク先は外部サイトの場合があります

【(c)CoCoKARAnext】

それでは実際にスイングを見ていきましょう。

ダウンスイングのクラブ軌道はすごく綺麗な位置を通っていますね。

飛距離アップが目標というところで改善点を挙げるとしたら、

・下半身の回転量を挙げる

事が小林トレーナーには必要になります。

スイングを後方カメラから見た際に、インパクト時に肩のラインと腰のラインが同じになってしまっています。

もう少し上下の回転量の差を出していくことが飛距離アップに繋がります。

理想は、インパクト時に左側のお尻が後方のカメラで確認できるくらい下半身の回転をする事です。

まずは理想のインパクトの形を静止状態で作ってみましょう。

【(c)CoCoKARAnext】

アドレスで構えていただいたら手の位置は動かさずに腰だけ回転させインパクトの形を作ります。

この時に意識するのは、後方のカメラで左のお尻がしっかりと確認できるくらい下半身を回転させる事です。

この形をしっかりと身体に覚え込ませる事がとても重要です。

インパクトの形をしっかりと身体に覚え込ませたら、小さいスイングから実際に試してみましょう。

小林トレーナーの場合、下半身の回転量を上げてスイングを行った際に左つま先の向きが外を向くような動きが見られました。

【(c)CoCoKARAnext】

このような動きが見られる方は、アドレスの時点でつま先を少し開くようにする事をオススメします。

つま先を開いたアドレスを取ることで下半身の回転の妨げを防ぐことにつながります。

このようにつま先を少し開くアドレスはPGA選手でも多く見られ、30代の選手だと平均30°開くと言われています。

今回ご紹介した飛距離アップのポイントは下半身の回転と上半身の回転の時間差です。

そして下半身の回転を妨げないようにつま先の向きを少し外にすることです。

飛距離アップで悩まれている方はご自身のスイング動画を確認し、インパクトでの回転の差がない方は是非この取り組みをしてみてください。
[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧