ショートコースで上達する!アプローチを極めるならショートコース!

Gridge(グリッジ)

【(c)photo-ac】

アプローチにお悩みの方! なんで上手くいかないんでしょうか?

それは、実戦的な練習量が足りていないから。

アプローチが上手くなりたいと思う方。ぜひ、ショートコースに行きましょう!

実戦経験を積もう!

アプローチが上手くいかない要素は:

・距離感が合わない
・上手くボールを打てない

距離感が合わない場合は、練習場で距離ごとに力加減を調整し、距離感を身に付ければ上手くなります。

ただし、身に付けられるのは『平らな場所』からのアプローチのみです。

実際のコースに出るとさまざまなライに出くわします。

その時にクラブのフェースを閉じたり、開いたりとさまざまな状況が出てきます。

アプローチが上手くなりたい方はショートコースに行き、実戦経験を積みましょう!

サンドウェッジとパターだけでラウンド

ショートコースとは、すべてのホールがパー3のゴルフ場です。

クラブを何本も持っていく必要はありません。

思い切って、サンドウェッジとパターの2本を持ってコースに出ましょう。

コースによりますが、ほとんどのホールが30〜100ヤードに設定されており、サンドウェッジで1オンできるので、まずはグリーンに乗せられるように距離感を養います。

たとえ距離が長いホールがあっても、2打で乗せることができればアプローチの練習になります。

わざとグリーンを外す

グリーンオンができるようになってきたら、今度は“わざと”グリーンを外しましょう。

そして寄せワンを取る練習をします。

練習場とは違った、さまざまなライからピンに寄せる対応力を身に付けることができます。

安いショートコースを探す

アプローチの感覚を身に付けるには、とにかく練習量が必要になります。

私も、ゴルフを始めた最初の1年目は、仕事終わりに毎日ショートコースに行ってアプローチの練習をしていました。

どんなに施設やコースが汚くてもOK。少々芝が剥げていても構いません。安くて何回も行けるショートコースを見つけましょう。

私が行っていたのは、西山ゴルフセンター(静岡県浜松市)。

このホールは1番で70ヤードほど。

当時は、平日1500円程度でラウンドでき、ナイター設備もついていたので、毎晩行ってました(笑)。

東京近郊だとこの金額と頻度はなかなか厳しいと思うので、週に2回でもショートコースに行けば、確実に上達します。

ショートコースを探す場合は、以下のサイトに載ってますので、身近なショートコースを探してみてください。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧