マキロイ、ウッズら全米プロ出場選手も使用!テーラーメイド「ステルス プラス ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2022年2月の発売以来、注目を集めるテーラーメイドのステルスシリーズ。なかでも、ステルス プラス ドライバーは現在開催中の全米プロゴルフ選手権に出場するR.マキロイ選手やT.ウッズ選手、D.ジョンソン選手やマスターズ優勝のS.シェフラー選手など、トッププロがこぞって使用しています。

今回は、ゴルフライターの鶴原弘高さんに、ステルス プラス ドライバーを詳しく解説していただきました。

ステルス プラス ドライバーの特徴

【スポナビGolf】

ステルスシリーズのドライバーの中で、ステルス プラス ドライバーはセレクトストア限定モデルのため、取扱い店舗が少ないです。

【スポナビGolf】

ちょっと特別感のあるモデルで、レール式のウェイト調整機能(左右方向に重心位置を変更できる10gのスライディングウェイト)がついています。

【スポナビGolf】

初代のSIMドライバーにも採用されていましたが、ウェイトが前方にあることで重心が浅くなり、低スピンが打ちやすくなるのです。

ヘッドスピードが速い人ほど、重心が前側にある方がクラブを振った時に速く振れる感覚があって、初代のSIMドライバーを気に入って使ってる人が多かったんです。前作のSIM2シリーズにはなく、ステルスになって復活登場したため、注目されています。

【スポナビGolf】

構えた感じはかなり小ぶりに見えて、アスリートに好まれそうな顔つきをしています。

【スポナビGolf】

全体的なヘッドシェイプは初代のSIM・SIM2からそれほど変わっていないです。

試打で感じた特徴

実際試打してみると、ヘッドスピードを上げやすく素早く振りやすい感覚があります。

球筋は真っ直ぐから少しフェードバイアスです。球を右に出してしまうスライサーにはおすすめできないモデルですね。

大抵の人はスタンダードなステルス ドライバーか、もう一つのステルス HDモデルの方が、球をつかまえやすく感じると思います。

45〜50m/sくらいのヘッドスピードがあるとかなりクラブの良さが出てきて、よりボールスピードを上げやすいと感じるでしょう。

おすすめのユーザー

パワーがあって、ヘッドスピードが速く低スピン弾道を打ちたい人は、ステルス プラス ドライバーを選ぶといいと思います。

【スポナビGolf】

テーラーメイドの他のドライバーもチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧