井戸木鴻樹&新井貴浩のゴルフ化学変化(6) 左足下がりと左足上がりのライからの打ち方

スポニチアネックス

【スポニチ】

傾斜から打つのが苦手だという新井貴浩氏。今回は左足下がりと左足上がりのライがテーマです。

井戸木鴻樹プロによれば、ポイントはボールの位置にあるとのこと。正しい位置にボールをセットしていれば、平地と同じようにナイスショットをすることができます。皆さんもぜひ実践してみましょう。

◆元広島&阪神の新井さんが「傾斜」ショットに挑戦

常住 アップダウンのあるコースだと左足下がり、左足上がりのライから打つ機会が増えますが、新井さんは傾斜から打つのが苦手だとか?

新井 不得意です(笑)。どちらも平地以上にダフりますが、シャンクが出ることも多いですね。

常住 それでは左足下がりの打ち方から井戸木プロにレッスンしてもらいましょう。

井戸木 実際に打ってもらいましたが、言うほど苦手には見えないですね。ただ、どうしてもロフトが立ってインパクトを迎えるので、ボールが勢いよく飛んでしまうようです。

新井 どうしたらいいのでしょうか?

井戸木 ボールを右に置いたら、アウトサイドインの軌道で、カット目にボールを打つことをお勧めします。そのほうが傾斜通りにクラブを振れるので、ボールの勢いも抑えられます。

常住 アベレージゴルファーに向けては、何かいいアドバイスはありますか?

井戸木 大切なのはアドレスです。ボールを通常よりも1個分右にセットしたら、スタンスや体のラインをオープンに構えます。体の左サイドにクラブを振り抜くことで、右にボールを打ち出すことを防ぎましょう

ボールを右に置くとロフトが立ってインパクトを迎えるので、新井さんのように強いボールが出ます。それを抑えるために、クラブフェースを軽く開いて構えましょう。

左足下がりのライからボールが飛びすぎてしまう人は、カット軌道で左サイドへ振り抜くことで、ヘッドが深く入るのを防げる 【スポニチ】

常住 極端に開くと距離が出ないので、時計の12時半〜1時ぐらいですね。逆に、左足下がりのライで避けたい動きはありますか?

井戸木 インサイドからクラブを下ろすことです。傾斜が邪魔になるので、ボールの手前をダフったり、トップしやすいので気をつけましょう。

常住 次に左足上がりのライから打つ方法をお願いします。

井戸木 新井さんは左足上がりのライからもうまく打っていると思います。あえて言うなら、ボールをスタンスの真ん中にセットしていましたが、1個分右に置いた方がいいですね。

左足上がりのライでは、スタンスの真ん中からボール1個分右に置くと、飛距離を落とさずに打てる 【スポニチ】

新井 それはどうしてですか?

井戸木 ボールをスタンスの真ん中に置くと、高く上がりますが、飛距離が出ないからです。特に、短いクラブを持ったときは要注意です。ボール1個分右に置くことで、その問題が解消されて番手通りの距離を打つことができます。

新井 打ち方はどうでしょう?

井戸木 新井さんはヘッドを傾斜なりに動かしていましたが、ボールの上からクラブヘッドをぶつけるつもりで打ち込んでみましょう。その際に注意するのは、ダウンスイングで上体が目標方向に突っ込んだ形にならないこと。ボールを上げようとして右足に体重を多く残そうとしないことです。

ボールにヘッドをぶつけるつもりでクラブを下ろしてこよう 【スポニチ】

常住 アベレージゴルファーの中には、左に曲がりやすいと悩む人もいますが?

井戸木 ボールを左に置き過ぎているからです。クラブフェースがかぶるので、左へ曲がる球が出てしまいます。新井さんがよくシャンクが出るというのもボールを左に置いているから、両手が前に出るのでしょう。ボールの位置に気をつけるとシャンクは解消するはずです。

(取材協力=兵庫・小野東洋ゴルフ倶楽部)

 ◆井戸木 鴻樹(いどき・こうき)1961年(昭36)11月2日生まれ、大阪府出身の60歳。豊川中(茨木市)3年時に日本ジュニア優勝。中学卒業後に研修生となり82年プロテスト合格。93年新潟オープンなどツアー2勝。ショットの精度に定評があり、01年以降7度フェアウエーキープ率1位となる。〝元祖日本一曲がらない男〟。13年全米プロシニア選手権で優勝し、日本男子初のメジャー覇者に輝く。

 ◆新井 貴浩(あらい・たかひろ)1977年(昭52)1月30日生まれ、広島市出身の45歳。広島工高―駒大を経て98年ドラフト6位で広島入団。05年に43本塁打で本塁打王。08年阪神移籍。11年に93打点で打点王。15年広島復帰。16年に通算2000本安打、通算300本塁打をマークしリーグVに貢献。MVPに輝く。日本代表の侍JAPANでも活躍。18年引退後にゴルフを始めベストスコアは87。

 ◆ジミー・常住 本名・常住治臣(つねずみ・はるおみ)1981年(昭56)12月15日生まれ、東京都出身の40歳。日本プロゴルフ協会(PGA)会員。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポニチアネックス

スポニチは紙面を通して、毎日、感動や興奮をお届けしています。スクープ連発の芸能&スポーツニュース、中央競馬をはじめとするギャンブル情報、生活者の視点に立った政治・社会報道などで多くの読者から支持を得ています。また、紙面と連動しながら情報をいち早く提供するWEBサイト「スポニチアネックス」は、昨年のページビュー(PV)で年間約20億PVをマーク。本紙以外でも中央競馬G1レースや宝塚歌劇の特集号、スポーツのあの時を掘り下げる「スポニチアーカイブス」、日本初の子供向けスポーツ紙となる「スポニチジュニア」、業界初の週刊漫画タブロイド「マンガアルチーボ」などを制作発行しています。明るく楽しい総合メディア企業へ。スポーツ、エンターテインメントなど多種多彩な情報を発信しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧