通称「医者いらず」アロエの効能とは?

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 アロエは昔から医者いらずといわれ「食べる」「飲む」「肌に塗る」とさまざまな使い方をされてきました。そんなアロエの魅力に迫ります。

アロエとは

アロエとは、アロエ科アロエ 属の多肉植物の総称で、世界になんと300種類以上も存在するのだとか。その歴史は古く、4000年以上前から万能薬として重宝されてきました。

肉厚な葉には、ビタミンやミネラル、抗酸化物質など、200種類に及ぶ有効成分が含まれており、さまざまな健康効果が期待できます。

アロエの効能

●火傷などの炎症を抑える
アロエに含まれているサリチル酸やベレクチン(糖タンパク)が炎症を抑え、回復を早めるのを助けます。

●シミ、そばかす対策
シミとは、メラニン色素が沈着したものです。アロエに含まれるアロエシンという成分には、メラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを抑える作用があります。

●整腸作用
アロエに含まれるアロインやアロエエモジンなどの成分には、腸の水分を増やして、排便を促す働きがあります。アロエを食べることで、便秘対策に役立ちます。

●胃の健康をサポート
アロエに含まれるアロインやアロエエモジンには、整腸作用以外にも、胃液の分泌を促し、消化の働きを促進する効果もあります。解毒作用もあり、二日酔いによる胃もたれにも有効です。

アロエの食べ方

食用アロエの代表的なものがアロエベラです。ヨーグルトやドリンクにも使われているので、知っている人も多いかもしれません。きちんと下処理することで、特有の苦味を抑えられます。

<アロエの食べ方>
アロエの葉をよく洗い、5〜10センチほどにぶつ切りする
葉の両端にあるトゲを切り落とし、緑の皮の部分を包丁で剥く
食べやすい大きさにカットする
沸騰したお湯でゆがいて、冷水でしめる

ほかにも刺身にしたり、ジュースにしたり、刻んでヨーグルトに入れたり、いろいろな食べ方ができます。

美容と健康に良いとされるアロエですが、食べ過ぎるとお腹が緩くなることがあるので注意してください。また、アロエには子宮を収縮する作用があります。念のため、妊娠中には控えたほうがよいでしょう。

【参考】
「アロエの種類|どんな効能がある?食用の食べ方や使い方は?」.Green Snap
https://greensnap.jp/article/398
(参照 2021-05-12)
「アロエ|成分情報」.わかさの秘密
https://himitsu.wakasa.jp/contents/aloe/(参照 2021-05-12)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧