「カロリーゼロ」は本当にゼロなの?

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

栄養成分表示において、カロリーゼロと謳うことができるのは「100gあたり(飲料の場合は100mLあたり)5kcal未満」のものだけです。カロリーゼロと表示されていても必ずしも0kcalというわけではなく、商品によっては少量のカロリーが含まれていることがあります。

※リンク先は外部サイトの場合があります

■「カロリーゼロ」の定義とは?

普段何気なく使っているカロリーという言葉ですが「そもそもカロリーって何だっけ?」と思う方もいるかもしれません。カロリーとは熱量を表す単位で、1Lの水の温度を1℃上げるために必要なエネルギーが1kcal(1キロカロリー)となります。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、消費されなかったエネルギーが身体に蓄積されてしまい、肥満の原因になります。余分な脂肪や体重を減らすためには、摂取カロリーを減らす、もしくは消費カロリーを増やすことが必要です。

カロリーゼロとよく似た言葉に「カロリーオフ」がありますが、これは100gあたり40kcal以下(飲料の場合は100mLあたり20kcal以下)であることを表しています。この基準を満たせば、「低カロリー」「ライト」と表示することも可能です。

つまり、カロリーオフの表記がある清涼飲料水であっても、500mL飲めば100kcal摂取する可能性があるということですね。

■カロリーゼロでも太るって本当?

カロリーゼロであれば、ごくわずかなカロリーなので安心……。そう考えるのは早計です。カロリーゼロの商品は、砂糖の代わりに人工甘味料を使っているものが多くあります。例を挙げると、アスパルテーム、アセスルファムK、サッカリン、スクラロースなどです。これらは砂糖よりも強い甘味があります。

脳は甘みを感じるとそれに匹敵する量のカロリーを求めますが、人工甘味料にはカロリーがほとんどないため、ほかの食品からカロリーを摂取しようとします。その結果、空腹感が増して食べ過ぎたり、かえって甘いものが欲しくなったりして、逆に太ってしまう可能性があります。

「カロリーゼロだから大丈夫」と過信せず、食べ過ぎ・飲み過ぎに注意しましょう。

【参考文献】
「カロリーゼロ」で逆に太ってしまう危険を知ろう.ダイヤモンド・オンライン
https://diamond.jp/articles/-/133049
(参照 2021-11-14)
ゼロカロリーとカロリーオフの違いとは?― 栄養成分表示の正しい見方. 日本コカ・コーラ株式会社
https://www.cocacola.co.jp/article/right-viewpoint01
(参照 2021-11-14)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧