ゴルフスイングの始動!バックスイングを極めよう!

Gridge(グリッジ)

【(c)GAHAG】

こんにちは、ほしのじゅんです。

ゴルフスイングの始動、バックスイング。

このバックスイングが上手くできるかどうかは、スイング全体にとってとても重要なポイントです。

ここでは、バックスイングのコツ「右手から始動する」と、その理由について説明していきます。

※この記事は右打ちを前提にして執筆されています。

右手が重要な理由

ゴルフスイングは、基本的には左手主導と教わっている方が多いと思います。

しかし、左手でトップの位置までクラブを上げることは、身体の構造上無理があります。

それゆえに、バックスイングの途中から、左手主導から右手主導に変わってしまうため、一連のスイング動作がスムーズにいかず、ぎこちないスイングとなってしまいがちです。

バックスイングで間違った動きをしてしまうと、その後のスイングすべてが間違いとなってしまうと言っても過言ではありません。

どこかで調整できてしまっている人は、たしかに多いのですが……。

ただ、それはあくまでも調整しているだけなので、再現性に乏しく、安定したスイングを行うのは難しくなってしまいます。

左手の力は抜きましょう

もしかすると、左手主導でバックスイングをすると、スイングプレーンに沿って上げやすいという気がする人もいるかもしれません。

実際にスイングを試してみるとわかるのですが、左手でバックスイングを主導すると、思っている以上にやりにくいと感じる人が多いのではないでしょうか。

バックスイングを左手主導で行うと、始動時に左手でクラブを押す力が必要になり、そこで余分な力が入ってしまいスイングのバランスが悪くなることがあります。

左手の力は抜いておきましょう。

バックスイングは右手主導で

バックスイングを左手主導で行うと、始動時に左手でクラブを押す力が必要になり、そこで余分な力が入ってしまいスイングのバランスが悪くなることがあります。

そこでオススメなのが、バックスイングの始動を右手で行うことです。

驚かれる方もいらっしゃると思いますが、飛球線後方にある右手を使うほうが、理想のバックスイングの軌道にクラブを乗せやすいのです。

バックスイングのクラブの軌道をイメージしたら、右手でクラブをその軌道に乗せてあげましょう。

その際に、右のひじをアドレスの位置からなるべく動かさないようにすること、右の手首を積極的に使うことがポイントとなります。


いかがでしたか?

右手を主導にしたバックスイングについてお話しました。

バックスイングが正しくなれば、スイング全体が上手くいく可能性も高くなります。

ぜひ試してみてください。

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧