免疫をあげて病気知らずの体を!

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

健康にとって最も大切なことは、と言われたら?

食事?

運動?

健康に気をつけてトレーニングもしているのに、健康な体になれないのはナゼ?

もしかしたら免疫力が一番大事な肝かもしれません。

※リンク先は外部サイトの場合があります

「免疫」は体の基本中の基本

 私たちの体には生まれながらに健康維持するための機能が備わっています。

それが免疫!

免疫が機能しないと私たちは健康的に生きていけないのです。

免疫は体内に侵入してくるウィルスや細菌など、様々な外的から私たちを守る働きをしています。

このウィルスや細菌の侵入を許すことで、私たちは風邪をひき病気になります。

風邪は万病のもととは昔から言われてますが、これは風邪が万病を引き起こす恐ろしいもの!と言う意味だけでなく、風邪をひくほど免疫力が低下しているという事はもっと重い病気にもかかりやすいと言う意味です。

病気になった後も免疫力が低ければ回復に時間がかかります。

免疫力とは、体が本来持っている病気にならないための「予防する力」であり、体が病気になったときに健康取り戻す「回復する力」でもあるんです。

「免疫」って大事なんだな、と感じてきましたよね?

免疫力はいつでも上げられる

 そんな大切な免疫力ですが、残念ながらその力はずっと一定ではないのです。

歳を重ねるごとに少しずつですが免疫力は弱くなっていきます。

しかし、免疫力が優れているところは、免疫力を上げようと思ったら簡単にあげられる!と言う点にもあります。

高めようと思ったら何歳からでも高められるので、いつ始めたとしても決して遅いと言う事はないのです。

健康は健康な体無くしてあり得ず、健康な体は免疫力無くしてあり得ないのです。

なぜ優秀な働きマンほど風邪をひくのか?

 私の周りでも「優秀な働きマン」ほど病気になる、ということに身にも覚えがあります。

風邪や病気になる前兆として、一般的にネガティブサインがありますよね。

これは言い方を変えると、体の正常な機能が低下しているということです。

実は私たちの不調は、「体が弱くなった時」に起こるのでなく、より正確に言うなら、体の機能が低下した時に起こるんです。

その際にちゃんと気づきさえすれば、本来病気になるようなことはないような症状でも、見逃してしまうと大ごとになってしまうのです。

そして実際多くの人がつい見逃してしまうのです。

最近は特に一生懸命仕事をするビジネスマンが突然病気になるケースが増えてきましたがそれはネガティブサインに気づく余裕が持てないからかもしれません。

元気な人が病気になる原因はネガティブサインを見逃すだけではありません。

それ以上に大きな問題なのが私たちの生活習慣が、どんどん体の機能を低下させる生活習慣になっているのです。

〇〇しすぎる生活習慣はNG

 現代人の健康を妨げている最大の要因は、〇〇しすぎるという偏った生活スタイルにあるのではないでしょうか。

何か1つのことに熱中する人は、それと逆のことをしなさすぎるのです。

働きすぎの人はもっと休まないといけないし、頑張りすぎな人は肩の力を抜かなくてはいけないのです。

これは健康法も同じ。

・〇〇を食べれば健康になる。
・〇〇のように対処すれば長生きができる。
・〇〇すれば元気になる。

おそらくこのような健康法を試したことある方はたくさんいらっしゃるかと思います。

しかしこれらの多くは、対処法でしかありません。

中にはその対処法をやりすぎて、逆に健康被害を起こしてしまうことあります。

少し前の私たちには自然とできていたはずの事ですが今では多くの人がどちらか一方に偏ってしまい、その結果、体のバランスが崩れてしまっているのです。

それが本来であれば正常に働くはずの様々な機能を低下させ、風邪や病気そして不健康を招くのです。

やはり「最適なバランス=中庸」が肝心です。

単純なことですが、まずは一方的に偏っていると感じたら逆のことをしてバランスを取ることから始めてみるのも良いと思います。

それを意識することができれば忙しい人でもがんばりすぎる人でも、必ず今よりもずっと健康な体を手に入れることができるはずですよ。

[文:出張マッサージ ミラク 代表・齊藤麻由子]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧