パターでいちばん大切なのはボールを目の真下に置く事【QPこと関雅史が初心者向けレッスン】

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

ボール位置からストロークまでパターの基本のキをレッスン。パッティングの基本を身につける練習方法も紹介をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

パッティングの基本はボールを目の真下に置くこと

【GOLF Net TV】

パッティングはボールを目線の真下に置くことが大事です。目線の真下にボールを置くことによって肩がやや内側に入ります。通常のストロークのように胸を張って回転するよりも少し前傾して回転した方が、肩が縦に動きやすいので、ストロークを真っすぐに出しやすくなります。パターは大きいスイングではありませんから、なるべく真っすぐのストロークを長く続けられるように心がけるようにしましょう。

【GOLF Net TV】

スタンスの幅もアプローチより小さくて良いです。だいたい肩幅よりも靴半分くらい中に入るようなイメージで良いです。

【GOLF Net TV】

グリップの握りでスタンダードなのは、右手を全部握ってしまう方法です。通常のショットだと左手の上に右手小指がかかるように握りますが、フィーリングを重視したいので、右手は全部握り、左手の人差し指を右手の上に乗せます。距離感に対し非常に繊細なパッティングに対し、ご自身の利き手の右手が使いやすくなります。そうすることで距離感も合わせやすくなります。

【GOLF Net TV】

ボールポジションはほぼ体のセンターにおきます。手はあまり縮めたり、伸ばしたりせず、手と腕がリラックスしたポジションで握ります。この状態からスイングをしていくのですが、ヘッドの重さを感じて体が中心の振り子になるようなストロークを心がけてください。

【GOLF Net TV】

振り子のリズムでストロークすることを心がけてください。特にパッティングというのは、大きく振り上げてゆるめて打つようなストロークをされる方が非常に多いのですが、この打ち方ですと、距離感も合いづらいですし、フェースの向きを合わせるのが非常に難しいです。普段から練習する場合、正しくセットアップをしたら、テークバックを取らずに、ヘッドでボールを押す練習をしてみてください。ヘッドでボールを押す感覚が身につくと、ボールを打ち抜いてコントロールする感覚が身に付きます。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧