上級者に突然「引っ掛け」や「チーピン」が出るのはなぜだ?

Gridge(グリッジ)

【(C)publicdomainq】

プロゴルファーやシングルプレーヤーのレベルであっても、ここ一番という場面でフックボールが出てOBなんていうことがしばしばあります。

こうしたフックボールは「引っ掛け」や「チーピン」などと呼ばれますが、アドレスやスイング軌道が原因というケースは少ないのです。

原因は体が止まるから

プロゴルファーが大事な場面で引っ掛けやチーピンを打つのは、いわゆる「体が止まった」というの原因です。

ゴルフスイングというのは、テークバックからフィニッシュまで、体、特に下半身は回転し続けていなければなりません。

ところが、インパクトの瞬間に、一瞬でも体が止まると、クラブヘッドが早く返り、ボールは大きく左に曲がってしまうのです。

引っ掛け、チーピンは手打ちによるミス

もちろん、本当に体が止まってしまうわけではありません。

ただ、いつものスイングより体の回転が遅いと、インパクトの瞬間、右手が左手の上に被さるような形になって、クラブヘッドが返ってしまうのです。

つまり、このようにして出る引っ掛けやチーピンも、結局のところ手打ちによるミスなのです。

では、なぜプロやシングルプレーヤーなどゴルフを熟知している人が、こうしたミスを犯してしまうのでしょう。

大事な場面ほどリラックスする

その原因は、狭いホールでのティーショットや優勝がかかったここ一番の1打など、ここぞという場面では、真っすぐ飛ばしたいという意識が強く働くからです。

慎重にラインを出したいという気持ちが強いと、どうしても体が止まりやすくなってしまうのです。

こうしたミスを防ぐためにも、狭いホールや大事な1打ではあっても、普段通りのスイングをするという意識が大切になります。

それは例えば、バックスイングでしっかり肩を回す、ダウンスイングで右手に余計な力を入れない、あるいはスムーズに体を回転させるなど、普段当たり前にしていることを実行するだけのことです。

突然の引っ掛けやチーピンを防止するには、何よりリラックスすることが、一番大切なのです。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧