老け顔、デカ顔を防ぐための要チェックポイント 〜カリスマ小顔サロンが語る〜

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 過去のコラム連載にて、デカ顔の原因は「たるみ」にあることを伝えてきました。

 肌のハリ・弾力の低下や骨格の衰え、また不良姿勢の継続によって、「シワ」や「たるみ」をつくり、どんどん面積の広がったデカ顔が完成すると説明してきました。

 そこで気付く事は、老け顔とデカ顔は紙一重であるということです。

※リンク先は外部サイトの場合があります

「老け顔≒デカ顔」歳をとると同じ顔?

「若いころに比べて、顔が大きくなった気がする」
「最近顔が面長になってきた」

等の声も良く耳にします。それらは顔の骨が巨大化しているのではありません。

 むしろ土台となっていた骨はもろくなり、支えられていた皮膚や筋肉はどんどんたるみ、土砂崩れと同じように、顔面崩れが起こっているのです。老け顔が進み、デカ顔が完成されていくのです。

歳をとると同じ顔に!?

 「おじいさん、おばあさんの区別がつかない」
 「お年寄りの顔がみんな同じように見える」

と感じたことは、ありませんか?

 その理由として、顔面崩れによる老け顔には、顔のパーツ別に特徴があり、たくさんの人に共通する老けポイントがあるからです。すなわち、「歳をとると同じ顔に見えてくる要因は、加齢による老け方が似ているから」と言えます。

 デカ顔が完成される前に、代表的な老けポイントをさっそく鏡をみてチェックしてみてください!

・あごがぼやけて明確なフェイスラインがない
・オトガイ突起が減り、あごの短縮
・口角が下がり「マリオネットライン」ができる
・頬が落ち込み、ほうれい線の溝が深くなる
・頬骨が平らに
・鼻がつぶれ、横に広がる
・涙袋が大きく膨らみ、たるむ
・上まぶたが落ち込み、アイホールが崩れる
・目尻が垂れ下がり目ジワが目立つ
・こめかみが極端に凹む
・おでこのシワ本数が増える
・前頭部は凹み、眉間は平らに

【︎(c)CoCoKARAnext】

 上記の老けポイントの特徴として、特に目・鼻などの顔面の中央や骨が積み重なっている場所は、骨や関節が、どんどん潰れて広がり、顔の外枠ラインは骨以外の組織のたるみが目立つようになります。

 顔は外に下に広がり、高さがあった部分は平らになり、デカ顔の完成です。各パーツ別のトラブルと対策は、次回に続きます。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文: 吉田圭吾]
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧