サプリメントは子どもが飲んでも大丈夫?

VITUP!

【サプリメントは子どもが飲んでも大丈夫?】

サプリメント実践的活用のスペシャリストである桑原弘樹さんが、サプリや栄養に関する疑問を解決する連載。今回は、子どもが避けるべきサプリメントについて。
※本記事は、2020年に『VITUP!』で公開した記事を再編集して紹介するものとなります。
■基本的な栄養素に近いものはOK、機能追求型はNG

「サプリメントを子どもが飲んでも大丈夫ですか?」と質問されることがよくあります。これはサプリメントの内容によると思います。

例えばプロテインであれば、サプリメントとは言っても何か特別なものではなく、単にタンパク質を粉末にした状態のものですから、飲む量の調整は必要となりますが、子どもが飲んでも問題ないでしょう。

実際、ジュニアプロテインなるプロテインも店頭にはありますし、小学生くらいが食事によるタンパク質の不足を補ったりするケースもめずらしくはありません。その際に気をつけるべきことは、プロテインはあくまでも補助であって、主食を疎かにしてはいけないという点です。

ちなみに、ジュニアプロテインと言っても特別な配合というわけではなく、タンパク質をメインにマルトデキストリンなどの糖質を配合したものや、その他で言えば子どもを想定してカルシウムの配合が豊富だったり、ビタミン類の中でもビタミンDを配合するなどして大人のプロテインとの差別化を図っている程度です。

手軽に確実にタンパク質が補給できるのがプロテインの最大の特徴でもありますから、そこに依存し過ぎて従来の食事が疎かにならないように注意していく必要はあります。

【サプリメントは子どもが飲んでも大丈夫?】

一方、子どもが避けるべきサプリメントもあります。

一例を挙げれば、カフェインなどが配合されているサプリメントは子どもには向きません。またカフェイン以外でも、クレアチンのように機能を重視した成分に関しては、基本的には避けておくべきでしょう。

まだ内臓が完全に成長しきっていないという点もありますし、筋肉の量もまだまだ少ないでしょうから、飲んでも意味がないものも多いです。

考え方としては、基本的な栄養素に近いものは摂取量に配慮しながらOKとして、それ以外の機能追求のサプリメントはNGということでいいのではないでしょうか。栄養素に近いサプリメントは、プロテイン、各種ビタミン、ミネラル、クエン酸、糖質といったあたりになります。

■桑原弘樹(くわばら・ひろき)
1961年4月6日生まれ。1984年立教大学を卒業後、江崎グリコ株式会社に入社。開発、経営企画などを経て、サプリメント事業を立ち上げ、16年以上にわたってスポーツサプリメントの企画・開発に携わる。現在は桑原塾を主宰。NESTA JAPAN(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 日本支部)のPDA(プログラム開発担当)。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

VITUP!

未知の自分と出会う、カラダ応援メディア。フィットネス、トレーニング、スポーツ、ボディメイク、ダイエット、健康、アンチエイジング、キッズ育成などの信頼できる情報を独自取材でお届けするWebマガジンです。元気でポジティブな毎日を送りたい人たちへ、最新の知識やメソッド、インタビュー、体験リポートなどを毎日発信しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧