健康維持やダイエットにも効果あり?体内で活躍する「酵素」の効能とは

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 「現代人は酵素が不足している」「健康のために酵素を摂りましょう」などと耳にすることが増え、健康食品やサプリメントなども 酵素を取り扱ったものを見かけることが増えてきました。

体内で活躍する「酵素」がどんな働きをしているのか、どのような効能があるのかご存知ですか?

※リンク先は外部サイトの場合があります

酵素による働き

酵素は、人間だけでなく植物や動物が生きていくうえでも必要不可欠なもので、私たちの体内にはなんと約3000種類以上の酵素があると言われています。

食べ物の吸収や消化、体をつくる・調子を整える、燃焼や排せつ・・・

そういった体の働きをよりスムーズに進めるのが酵素の働きで、体内でのほぼすべての化学反応に関わっていると考えられています。

酵素は私たちの体内をはじめ、食べ物や植物などさまざまなものに含まれており、身近な食品だと麹や納豆、生野菜やフルーツに多くの酵素が含まれることが分かっています。

酵素が体から少なくなってしまうと生きていけないとも言われていることから、生きていくうえでとても大切なものであることがわかります。

酵素が不足してしまうとどうなるのか

・免疫力が低下してしまう

酵素が不足すると、体温が低下する原因になると言われています。

体が低体温になると 免疫力は下がってしまい、結果、ウイルスや病原菌から体を守ることが出来ず病気になりやすくなったり 治りにくくなったりしてしまうと考えられています。

・太りやすくなる

酵素が不足すると消化不良となり、体内の栄養分が上手く消費できず太りやすくなってしまうと言われています。

また、代謝が悪いと体内に脂肪がたまりやすくなるため、肥満に繋がることも。

その他に、こんな症状も・・・

・体調を崩しやすい
・肩こりが続く
・疲れやすい
・むくみやすい
・体が重い
・肌がくすむ
・眠りが浅い、寝つきが悪い
・胃腸の働きが悪くなる

体内の酵素を増やすには?

酵素が多く含まれる食べ物を積極的に摂ることで 体内の酵素を増やすことができると考えられています。

酵素は熱に弱く、加熱すると効力が落ちてしまうので生の状態で食べられるフルーツや野菜を摂るのがおすすめです。

発酵食品の味噌や納豆にも酵素が含まれているので、熱さで酵素の効力を落とさないよう 納豆はご飯の上に乗せずそのまま食べたり、味噌汁は60度くらいまでのお湯で味噌を溶かすことで酵素の効力が落ちにくくなると言われています。

《その他の酵素を多く含む食品》
野菜:レタス・きゅうり・アボカドなど
フルーツ:りんご・キウイ・バナナ・パイナップル・イチゴなど
発酵食品:味噌・納豆・豆腐・チーズ・ヨーグルトなど

ぜひ今後の食生活にとりいれてみてくださいね。

体内に酵素を増やして、健康な体を目指しましょう!

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧