スライス撲滅ドリル!“手打ち”でつかまったボールを打て!

Gridge(グリッジ)

【(c)GAHAG】

こんにちは、ライターのとやです!

突然ですがスイングで気を付けていることって何ですか?

いろいろな答えがあると思いますが、スライスが止まらない、というゴルファーの方、「ボディターンで打つ!」と意識していませんか?

もしかしたらその意識こそがスライスが止まらない原因かも?

スライス撲滅を目指すゴルファーの方、ちょっと見ていってください。

弱々しいスライスボール・・・ボールがつかまってない

スイングって回転運動ですからね。ボディターンを意識して体を中心に回そうとすると、グリップやヘッド、いわゆる回転運動の外側が少しずつ遅れてきます。

インパクトで手元が減速して、ヘッドが返ってくればつかまったボールが打てるんです。

ただ長年「ボディターンだ、ボディータンだ」と呪文のように刷り込まれてきているゴルファーにとっては、手を使うことが“悪”のように感じられてしまいます。

その結果フェースが開いて当たり、右方向へ弱々しいスライスボールを量産してしまうというワケです。

もちろんボールはつかまっていない状態でインパクトを迎えています。

つかまったボールを打つにはどうすればいい?

さて、逆につかまったボールを打つには、ボディターンを意識するよりも手でクラブを振ったほうがつかまります。

体を回してしまえば、体の正面でボールをつかまえることができなくなり、ヘッドが遅れて当たるためにスライス。

それならば体の回転を抑えればいいんです。

体の回転はゼロというワケにはいかないので、逆にボディターンではなく、手を積極的に振るように意識するだけでフェースがしっかり戻ってきます。

インパクトでフェースがちゃんと戻ってくれば、ボールはもちろんつかまりますし、飛距離も出る、曲がりも少ないとメリットばかりです。

「つかまったボール」の感触を体感しよう!

つかまったボールを自分のものにするには、体得してしまうのが一番。

まずはボディターンの意識を捨てましょう。そして体重移動も極力できないように、足を揃えてアドレスします。

そして真ん中にボールをセットしたら、手打ちでボールを打ちます。

これだけで驚くほどつかまったボールを打てるようになるはずです。

ボディターンを意識してスイングしてきたゴルファーには非常に気持ち悪いかもしれませんが、手に残る分厚い感触は紛れもなくつかまったボールが打てている証。

軽いスイングでも十分ボールがつかまります。

「ボールをつかまえる」という感触をモノにするには、こうした成功体験を積み重ねることが一番です。

とりあえずフック、チーピンはOKと割り切ろう

やっぱり練習でも真っすぐキレイに打ちたい! と思うのがゴルファー心理ですが、左方向へのミス(フックやチーピン)はOKだと割り切るようにしましょう。

まずはつかまったボールを体得する、という目的がありますからそれが最優先事項です。

昔からゴルフをしているのにスライスが止まらないというゴルファーや、初心者でボールが右にしか飛んでいかない、というゴルファーの方。

つかまったボールを打つには、まずは足を揃えて、手を積極的に振ってみましょう。

これだけであなたのスライサー生活ともおさらばできますよ。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧