ゴルフマン【第259話】風に負けない!

Gridge(グリッジ)

【(c)Gridge】

風に負けないようにがんばりましょう!

【第259話】風に負けない!

【(c)Gridge】

【(c)Gridge】

【(c)Gridge】

【(c)Gridge】

風のゴルフって難しいですよね〜。プロでも風が強い日はスコアを落とすんだから、僕たちアマチュアはもうゴルフになりません。

フォローならまだしも、アゲインストや横風となるとボールがどこに行っちゃうかわからない。

当然、僕たちアマチュアの打った球は弱々しいし、変なスピンも入っちゃっているので風に流されちゃうわけですが、それよりも厄介なのがメンタル。

風が強いってだけで、もう気持ちがダメ。

「風に負けない強い球を打つたなきゃ」とか「ここは低い球で攻めよう」とか、できもしないことをやろうとしちゃう。

で、強い球や低い球を打とうとして打ち込んじゃうので、逆にスピン量が増えて風に流されるんですよ。

本当は風の時はそーっと打つほうがスピン量が安定して風の影響を受けにくいんですけどね。

これがなかなかできないのよね〜。

なので強い風にはまずメンタル面をなんとかしないと、いいショットは打てないってわけなんですよ。

【(c)Gridge】

ラウンド中に「またこのホールもアゲインストだよ〜」ってこと多くないっすか?

なんだかどのホールに行ってもアゲインストで、たま〜にしかフォローってないように感じるもんです。

実際はそんなことはなくて、コースのレイアウトににもよるとは言え、フォローとアゲインストは同じくらいの数になるはず。

でもやっぱアゲインストは「嫌だな〜」と思うので記憶に残りやすいってことなんだと思います。

しかも結果が悪いからよけいに記憶に残る。

フォローでめっちゃいい思いってそうそうしないでしょ。

ドライバーが飛んだな〜ってのはたまにあるけど、フォローだからって力んじゃって失敗することも多いし。

とにかく風が強い日のラウンドは、あまり気にせず、風に流されるままに打つくらいの気持ちのほうが上手くいくんじゃないかと思います。

みなさん、なるべく風を楽しみましょー!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧