【スリーパット撲滅講座】まずグリーンの最下点を見つけよう

Gridge(グリッジ)

【(c)GAHAG】

皆さんはグリーンの傾斜をどのように読んでいますか。

初心者から少しは上手になり、1メートル以内のパットなら半分は入るようになった。

でもグリーンの傾斜を読むのがどうしても苦手で、スリーパットを連発してしまう。

今日はそんなあなたのために、短時間でスマートにグリーンの傾斜を読むためのコツをお話しをします。

グリーンの中心線を見つけると、球の曲がる方向がわかる

グリーンの中心と最下点を結んだ仮想線を「グリーンの中心線」と呼びます。

中心線の右半分から打った場合、上りのパットも下りのパットも原則としてフックします。

中心線の左半分から打った場合、上りのパットも下りのパットも原則としてスライスします。

つまりグリーンを左右に分割する中心線をいち早く把握することが、球の曲がる方向を素早く読むためのコツなのです。

心の中でグリーンに水を撒くと、グリーンの最下点がわかる

グリーンの中心線を、短時間でスマートに見つける方法があります。

それはグリーン上にホースで大量の水を撒くことです。

もちろん本当に水を撒くわけではなく、心の中でたっぷり水を撒いてみてください。

心の中で撒いた水が一箇所に集まって来る場所、それがグリーンの最下点です。

グリーンの中心と最下点を結ぶことで、グリーンの中心線を把握することができます。

尚、グリーンの最下点の近くには「排水溝」が設置されていることが多いので、排水溝の位置から逆に最下点を割り出すこともできます。

リモコンカートは、グリーン手前で降りるようにしよう

皆さんは球がグリーンオンした後、どうやってグリーンまで移動していますか?

リモコンカートでない場合は、グリーンに乗せた人がカートをグリーン奥の指定位置まで乗っていかなければなりませんが、リモコンカートの場合、上級者はグリーンオンした後はカートには乗らず、徒歩でグリーンに向かいます。

グリーンの全体傾斜を把握するには、歩いてグリーンに上がるのが一番いいからです。

カートにのんびりと揺られているようでは、なかなか上達は望めません。

グリーン手前から、最下点を探しながら花道を歩きましょう。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧