ミノワマンが語るリアル超人への道「急転直下でパンクラスデビューが決定」

VITUP!

【ミノワマンが語るリアル超人への道「急転直下でパンクラスデビューが決定」】

破天荒な言動とファイトスタイルで一時代を築いたミノワマンが、100キロの大台を目指し大幅な肉体改造を行なっている。階級別、減量が主流の格闘技界にあって、なぜ時代に逆行するかのような試みに着手したのか。その思考を紐解くためにも、パンクラスの入門テスト不合格からプロデビューに至るまでの激動の数年間を振り返る。
「名前が呼ばれずショックでした」

―前回は高橋義生選手に入門テストを直談判したところまで伺いましたが、実際に書類審査はパスできたのでしょうか。

「『横浜道場に何時に来てください』という通知が届きました。受験番号は2番で、書類を見た時はうれしかったですね。もう全部を出し切ってやろうと思いました」

―1996年6月の第6回入門テストですよね。

「はい。課題は全部やり切りましたし、まわりと比べても自分は結構できたほうだと思います。タックルは伊藤(崇文)さん、ミットは梅木(良則)さんに受けてもらいました。喘息があったので走る種目は少し遅れたと思いますけど、最後の腕立て伏せ、ブリッジまで全部やり切りました。テストの内容もはっきり覚えていますし、その時は窪田(幸生)さんも受験していました」

―ただ、手応えとは裏腹にテストは不合格となりました。

「名前が呼ばれずショックでした。だけど合否の発表が終わった後に、僕と窪田さんが『二人来て』という感じでレフェリーをされていた廣戸(聡一)さんに呼ばれたんです。その時に『君たちはすごくよかったから、可能性あるから次もう一回受けに来て』と言われて。もう21歳でしたし親にも『就職しろ』と言われていたので悩みましたけど少し考えを改めました」

―廣戸さんに呼ばれていなかったら、もしかしたら違う道に行っていたかもしれないですか。

「あきらめなかったとは思いますけど、もう一回受けるべきかどうかでは悩みました。ただ、その時に廣戸さんだけではなく諸岡(秀克)さんにも声をかけられたんです」

100キロを目指し、大幅な肉体改造を行なっているミノワマン 【ミノワマンが語るリアル超人への道「急転直下でパンクラスデビューが決定」】

―リングの製作などを行なっていた誠産業の諸岡会長ですね。

「横浜道場の坂道を下りて曲がったところに自動販売機があったんですけど、そこでジュースを買っている時に『君が美濃輪君か』って声をかけられました。その時が初対面だったんですけど『岐阜に住んでいるんだろ』と言われまして、誠産業が愛知県ということもあり帰りの新幹線が一緒だったんです。その時に『愛知県岡崎市でジム(CMA誠ジム)をやっているから、練習場所がなかったら来いよ』と誘っていただきました」

―入門テストをご覧になっていた諸岡会長は、なぜミノワマン選手が不合格になったのか疑問に思っていたそうですね。

「それで後日、諸岡会長のもとを訪ねて、いろいろ話を聞かせていただきました。僕も練習場所がほしかったですし、『ウチはプロレスをやりたい人間を受け入れて、このジムからプロレスや格闘技の大会にどんどん選手を送り込んでいるから』という話を聞いたので、誠ジムでお世話になることを決めました」

―地元の近くに、そういう場所があったのも運命的ですね。

「初めてジムに行った時、パンクラスのリングが置いてあって、『パンクラスのリング屋もやっているんだ』って驚いたのを覚えています。最初は車で1時間半くらいかけて、岡崎市まで週1回通いました。でも、もっと練習がしたいということで岡崎市に引っ越して、誠産業でリングをつくったりペンキを塗ったりという仕事をしながらジムで練習していました」

―練習場所だけではなく仕事まで見つかったのは大きいですね。

「鉄骨の製作の仕事だけではなく、リング屋としてパンクラスも含めて日本全国の会場にリングを運んでいました。それと並行して、誠ジム主催のアマチュアの大会に出たり、その他の試合にもいろいろ出させてもらいました。月1でパンクラスの大会の会場にリングを運ぶだけではなくて、スタッフが足りない時は選手の入場をエスコートするセコンド役みたいなこともやりましたね」

―パンクラスの会場でリング設営もしていたのなら、次第に顔も覚えられたんじゃないですか?

「高橋(義生)さんと(KEI)山宮さんは関節技セミナーの時に会っていますし、ちょっとずつ顔を覚えてもらうようになりました。その後も僕は『パンクラスに入りたい』と言い続けていて、第7回入門テストも受けようと思っていました。でも、その時に諸岡さんから『ちょっと待ってくれ』と言われたんです。それで第7回はあきらめました」

―諸岡会長が止めた理由は何だったのでしょうか?

「もしかしたら自分が主催する大会に出場させたかったのかもしれないです(苦笑)。ただ、そこは聞いたわけではないので、よくわかりません。でも、その第7回で窪田さんが合格して、また先を越されてしまいました。その後、僕は誠ジムのトーナメントで優勝して第4代KBWチャンピオンになったり、ジムに入ってから2つくらいタイトルを獲りましたね」

―アマチュアの大会とはいえ、着々と経験を積んでいたんですね。

「その他では剛竜馬さんのところにもリングを運ばせてもらっていたので、冴夢来プロジェクトの第1試合でも試合をさせてもらいました。僕のプロレスデビューはその試合で、格闘技のプロデビューは仙台の大きな観音様が立っている横のテニス場で、PRIDEとかでレフェリーをされていた木村参味夫さんと闘った試合になると思います」

―試合ができて働き口もある。パンクラスはもういいか、とはならなかったですか。

「それはなかったです。逆に早く入門したいという気持ちがどんどん湧きあがってきました」

―当時の入門テストは年に何回あったのでしょうか。

「半年に1回、6月と11月だったはずです。窪田さんが11月に受かって、僕は次の6月に受けようと思っていました。そんな時、入門テストの前の3月くらいにパンクラスの露橋スポーツセンター大会があって、いつものようにリングを組み立てていたんです。そうしたら組み立て終わったくらいの時に山宮さんが焦ったような感じで走ってきて、僕に向かって『船木(誠勝)さんが呼んでいます』って言ったんです」

―その時は何のことだかわからなかったでしょうね。

「まったく意味はわからなかったですけど、すぐに山宮さんについて行きました。そうしたら船木さんから『お前、練習着に着替えて』って言われまして、持っていなかったので山宮さんからジャージーを借りてリングに上がりました。直後に窪田さんもリングに上がってきて、船木さんからスパーリングを命じられたんです。出場選手がウォーミングアップを始めるまでの30分くらい、延々とスパーリングをやりました。その時は『もういいよ』『ありがとうございました』というくらいで何もなかったんですけど、試合が終わってリングを片づけようとした時に諸岡会長が僕のところに来て『今日のスパーリングでお前合格だぞ』と言われたんです」

―まさかの急展開ですね。

「入門が決定したわけではないんですが、その場で次の年のネオブラッド・トーナメント出場が決定しました。入門させるかどうかはネオブラッドを見て判断しようということだったみたいですけど、パンクラスでのデビューが決まったのがとにかくうれしかったですね」

■ミノワマン(みのわまん)
本名:美濃輪育久。1976年1月12日、岐阜県出身。175センチ。92キロ。フリー。戦績/117戦63勝(43S、11KO)45敗9分。パンクラス 第5回ネオブラッド・トーナメント優勝、初代BSFミドル級王者、DREAMスーパーハルクトーナメント 〜世界超人選手権〜優勝。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

VITUP!

未知の自分と出会う、カラダ応援メディア。フィットネス、トレーニング、スポーツ、ボディメイク、ダイエット、健康、アンチエイジング、キッズ育成などの信頼できる情報を独自取材でお届けするWebマガジンです。元気でポジティブな毎日を送りたい人たちへ、最新の知識やメソッド、インタビュー、体験リポートなどを毎日発信しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧