かなり強い球が打てる!コブラ2022年最新作「LTDx ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに、コブラの2022年最新作「LTDx ドライバー」について解説していただきました。

コブラのドライバーについて

コブラについて皆さんはどういうイメージをお持ちでしょうか?ブライソン・デシャンボー選手が契約しているメーカーで、飛ぶドライバーを生み出すメーカーというイメージが強いかもしれません。

前作のRAD SPEEDも飛ぶドライバーでしたが、今回のLTDxはさらに飛距離性能を磨いてきたという印象を受けました。

LTDxドライバーの特徴

【スポナビGolf】

具体的なテクノロジーの進化として、パワーコア・テクノロジーが今回搭載されてます。

ヘッド内部に、スチール・チタン・アルミニウムの3つの金属素材のウェイトをヘッド前方の浅い位置に配置しています。本来は深くした方が球も上がりやすくなるのですが、ウェイト位置を浅めにすることでインパクト時のスピン量を軽減させ、より強い球を打つことができる設計に変えてきた印象を受けました。

この見た目より強い球が出るので、形状と弾道が一致しないところがありますが、良いギャップかなと感じました。

【スポナビGolf】

コブラが3代続いている、CNC ミルド インフィニティフェースという削り出しのフェースも搭載。

【スポナビGolf】

今回はそれにH.O.T(Highly Optimized Topology)フェースというテクノロジーを上乗せしてきました。フェース全体を15のポイントに分割して、それぞれのエリアの反発をAIを使って設計しています。

前作モデルからも採用している、軽量で安定したマルチマテリアルシャーシ構造も。この辺をしっかり作り込んで今回は8.3g軽量化に成功しています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

ソールとクラウン両方のカーボン使用量を20%増やしてます。シャーシやカーボン素材で軽量化することで余剰重量を生み出して、それをパワーコア・テクノロジーに転換し、重心をより低く浅く設計しています。

試打した感想

【スポナビGolf】

打ってみると、非常に前に飛ぶ強い球が打てるんです。クラブの見た目と弾道が一致しないような、非常に強い球で飛ぶ可能性を非常に持っています。

【スポナビGolf】

今まで自分が使っていたロフトの感覚で打つと、キャリーが出なくなるくらい最近のドライバーは低スピン化が進んでます。

ヘッドスピードのある人なら良いんですが、ヘッドスピードが40〜43m/sの人は12°くらいのロフトがないと上がらない可能性を感じるかもしれません。

おすすめユーザー

基本はそこそこ振れる人、ちょっと球をつかまえられる人、中級者くらいの人が飛距離を伸ばして使いやすいと感じるドライバーです。スコア90くらい出るようになった人がジャンプアップを狙うのにぴったりなクラブかなと思います。ぜひ一度試してみてください。

【スポナビGolf】

コブラのドライバーをチェック!

コブラ ラッドスピード ドライバー

コブラ ラッドスピード XD ドライバー

コブラ ラッドスピード XB ドライバー

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧