ソフトバンク ・松田の「熱男流」食事法!シーズン中は「好きなものを好きなだけ」勝負飯は・・・

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 スポーツ界の異色のコラボが実現した。

元水泳選手で、ロンドン五輪銅メダリストの寺川綾と、現プロ野球ソフトバンクホークスの松田宣浩が、「アミノバイタル公式YouTube」内で対談。

このチャンネルでは、寺川がMCを務め、様々なスター選手をゲストに招き、スポーツを通して交流を深めており、過去には元体操日本代表の田中理恵やプロ野球広島東洋カープの菊池涼介など、多くのアスリートが出演してきた。

今回は、松田がゲストとなり、全4回にわたって公開予定。

記念すべき初回では、アスリートの資本でもある体づくりに欠かせない、食事面について語られている。

シーズン中は「好きなものを好きなだけ食べる」

 体が資本となるスポーツ選手にとって、日々の食生活はとても重要。

そんな自身の食事面について、松田はどのようなこだわりを持っているのだろうか。

「シーズンオフは体重が増えがちなので、増えないように意識していますが、逆にシーズンが始まると、体重が減ってしまうので、自分は好きなものを好きなだけ食べています」

シーズン中こそ、摂取するものには気を使いがちと思いきや、松田の口から出たのはそれとは真逆の内容。

となると気になるのは、その具体的な食事内容。

それについて、松田はこのように明かしている。

「まずは焼肉、お寿司、もつ鍋。休日はこの3つを食べれば、休養にもなりますし、食べたなと言う感じになりますね」
プロ野球の試合は、レギュラーシーズンだけを見ると年間143試合。さらに時間帯にフォーカスすると、デーゲーム試合は大半が13時or14時、ナイター試合は18時に開始。試合時間を考慮するとデーゲームの日は朝早め、ナイターの日は試合後夜遅くに食事をとることが予想されるが、選手たちはどのタイミングで食べているのだろうか。

「平日はやっぱり時間帯がずれるので、食べる時間も遅くずれる。そうなると、食事もl時計がずれたなりに食べていますね。一方で、土日を中心としたデーゲームは基本的に朝が早い。なので、朝ごはんを食べずに、試合前に1食。試合後に2食目で終わりと言う感じです。なので、平日に比べるとちょっと少ないですね」

勝負飯は「パスタ」

 スポーツ選手の多くは、自身やチームの勝利に願掛けた「勝負飯」を持つ選手も多い。

そんな松田の勝負飯は、意外なものだった。

「僕は、パスタですね。大事な時は、パスタを食べています。中でもナポリタンが好きです。なので、球場でもパスタを食べることが多いですね。週に3,4回くらいは食べているんじゃないですか」

守備に打撃と、1試合で多くのエネルギーを消費する上で、そのエネルギー源となる炭水化物によってチャージしていると言う松田。

試合前にパスタを多く食べるには、「勝負飯」としてだけではなく、こんな理由もあると言う。

「炭水化物を体に入れていかないと、体が間に合ってこないというか、本当に体重がすぐ減るんですよ。1試合戦っただけでも2キロとか減りますね。ストレスというかプレッシャーというか、そういったことがどんどんきているんじゃないかなって思いますね」

多くのファンや首脳陣からの期待に応えるべく、計り知れないほどのプレッシャーを背負いながら日々グラウンドに立っているであろう。

次回は、そんな日々のプレッシャーとどのように戦っているのか、松田流の乗り越えかたについてお伝えする。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧