【上田桃子プロ使用】オデッセイ2022年最新モデル「TRI-HOT 5Kパター」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2022年の国内女子ゴルフ「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」で優勝した上田桃子プロが使用するパターとしても注目される「TRI-HOT 5Kパター」。

今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに2022年最新モデル「TRI-HOT 5Kパター」の特徴を解説していただきました。

オデッセイ「TRI-HOT 5K」について

TRI-HOTというブランドは以前にも使われていました。オデッセイの中ではハイテクなものや、チャレンジングなことをしているブランドという印象があります。今回も非常にハイテクでチャレンジングな仕上がりになっているので、かなり興味を持っているシリーズです。

5Kの意味は、慣性モーメントの5000の数字を表しています。慣性モーメントがパターにとって大きいほどヘッドのブレが少なくなるので、より安定した転がりを生みやすい点は多く知られていると思います。

それを実現するために、ほとんどのパターはネオパレットという大きなヘッドに重量配分を外側にすることで実現しているモデルが多いです。

オデッセイ TRI-HOT 5Kパター:性能の特徴

【スポナビGolf】

今回のTRI-HOTは、ヘッドが小さなブレードタイプでも5000の高い慣性モーメントを追求して実現しています。

【スポナビGolf】

構えた形状ですが、ブレード側が黒くなっているのがわかると思います。この部分が非常に重いタングステン等を使った比重の重い金属でできています。

後ろ側のグレーの部分は比重の軽いアルミニウムにすることによって、フェース面よりに重心を持ってきた、いわゆる浅重心です。

【スポナビGolf】

浅重心でありながら慣性モーメントを高めるというのは結構難しいんです。このパターは比重の違う金属を使い分けたり、ソールのできるだけ前側にウェイトを付けるといった工夫をすることで実現しています。

これらの工夫によって、ミスに強い点に加えて振り心地が割と浅めなので、非常にフェース面を感じやすく振りやすいパターに仕上げられています。

オデッセイ TRI-HOT 5Kパター:試打の感想

実際に打ってみて、すごくフェース面を操作しやすいというのがストレートな表現になると思います。ポンポン打っていけるんですが、ヘッドのブレづらく、やさしさを実感できる仕上がりです。

【スポナビGolf】

さらにストロークラボシャフト。ヘッド側をスチール真ん中の部分をカーボンにすることで、硬さを出しつつ軽量に仕上げることでヘッドのバランスをより感じやすくなってます。きっちり硬さのあるシャフトで、タッチをすごく出しやすいと感じます。

【スポナビGolf】

さらに打感。オデッセイの複数のモデルでも使われているホワイト・ホットインサートは、柔らかいけど芯があるという表現が正しいですかね。非常に気持ちよくボールを押し込める打感です。こういった点からも抜け目なく作って来たなというのが個人的な印象です。

オデッセイ TRI-HOT 5Kパター:5種のヘッドタイプ

【スポナビGolf】

ヘッドは数多くいろんなタイプが用意されています。きれいなブレードタイプから少しワイドなモデルも用意されてるので、いろんなモデルを実際振ってみて、ぜひ性能の違いや良さを手に取って実感していただけたらなと思います。非常にいいパターです。

ちなみに私も買うのを迷っているモデルがTRI-HOT 5K THREEパターです。ショートネックで重心の低いブレードタイプで、昔使っていたモデルも似ているというのもあり、買おうかどうしようか迷っているところです。買ったらご報告しますね。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧