【2022年最新】ウェッジ売れ筋ランキングBEST10 タイトリスト最新モデルが首位に

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

2022年3月1日〜31日の1か月で最も売れたウェッジをランキング形式でご紹介します。ゴルファーにいま最も注目されているウェッジはどれか、ぜひチェックしてみてください。

※ランキングは矢野経済研究所「YPSゴルフデータ」を参考にしています(ただし、レディースモデルは除く)。

1位:タイトリスト「ボーケイ SM9 ウェッジ」

2022年3月に発売されたボーケイ最新モデル。プロの要求を追求したいとさらに改良を加えて、ソールの形状に合わせて重心位置を変えて、どのウェッジでも同じような球が出るように設計をし直しています。

実際に構えるとアイアンと同じようなシャープなイメージもわきやすくなりました。

よりフェースに乗っている時間が長く、低く飛び出し、安定してスピンがかかります。ボールコントロールがさらにしやすくなった印象です。

SM9 ウェッジ(ツアークローム)

2位:フォーティーン「DJ-5 ウェッジ」

DJ-5はこれまでのシリーズの中でも最もやさしさを追求したモデルです。

リンクブレード設計や、新ユニバーサルソールを加え、アマチュアゴルファーの上達実現を目指したより使いやすいウェッジになりました。

3位:クリーブランド「RTX ZIPCORE ウェッジ」

ティアドロップの出っ歯型状で、ちょっとヒール側が狭くなって上が大きくなる形状を採用しています。フェースを開いたり閉じたりしたときにスクエアに構えやすくするために、アールをつけたエッジで球を直接拾いやすい形状を維持しています。

ジップコアと言われる技術で重心がフェース中央にくるよう設計されているので、直感的に芯に当てられます。今作は前作に比べてフェースの溝は深く狭い設計にしています。これにより、安定したスピンがかけられるようになっています。

いろんな打ち方をしても球も拾えて、フェースを開いたときはソールもしっかり滑ってくれるので、操作性がありやさしいモデルです。

RTX ZIPCORE ウェッジ(ツアーサテン)

4〜10位のウェッジもチェック!

4位:テーラーメイド「ミルドグラインド3 ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):46(9)、50(9)、52(9)、54(11)、56(12)、58(11)、60°(10°)
ヘッド素材:軟鉄

ミルドグラインド 3 ウェッジ SB(クローム)

5位:タイトリスト「ボーケイデザイン SM8 ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):46(10)、48(10)、50(8、12)、52(8、12)、54(10、12、14)、56(8、10、12)、58(8、10、12、14)、60(4、10、12、14)、62(8)
ヘッド素材:軟鉄

SM8 ウェッジ(ツアークローム)

6位:タイトリスト「ボーケイデザイン フォージド ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):48(10)、50(10)、52(10)、54(10)、56(10、12)、58(6、10、12)、60°(6°)
ヘッド素材:軟鉄、チタン、タングステン・ニッケル

ボーケイ フォージド ウェッジ(2021)

7位:フォーティーン「RM4 ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):46(7)、48(7)、50(8)、52(8)、54(11)、56(10、11)、58(12、14)、60°(11°、14°)
ヘッド素材:軟鉄
8位:クリーブランド「RTX DEEP FORGED ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):48(10)、50(10)、52(10)、54(12)、56(12)、58(12)、60°(10°)
ヘッド素材:軟鉄鍛造
9位:キャロウェイ「JAWS ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):46(10)、48(10)、50(10、12)、52(10、12)、54(8、10、12)、56(8、10、12)、58(8、10、12)、60(8、10、12)、64(10)
ヘッド素材:軟鉄鋳造
10位:キャロウェイ「JAWS FORGED ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):46(10)、48(10)、50(10)、52(10)、54(12)、56(12)、58(10)、60°(10°)
ヘッド素材:軟鉄

ジョーズ フォージド ウェッジ(クロム)

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧