【2022年最新】ドライバー売れ筋ランキングTOP10 テーラーメイド・キャロウェイの最新作が上位に

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

2022年3月1日〜31日の1か月で最も売れたドライバーをランキング形式でご紹介します。ゴルファーにいま最も注目されているドライバーはどれか、ぜひチェックしてみてください。

※ランキングは矢野経済研究所「YPSゴルフデータ」を参考にしています(ただし、レディースモデルは除く)。

1位:テーラーメイド「ステルス ドライバー」

ステルス ドライバーは、前作で言うとSIM2 MAXとSIM2ドライバーのちょうど中間くらいの印象です。

SIM2 MAXはとてもよく売れたドライバーだったんですが、それと比べると少しスピン量が減ってる印象です。

打感はステルスの方が食いつき感があり、気持ちよく飛ばせる人がいると思います。ただし全体的な寛容性、球の上がりやすさとかを比べるとSIM2 MAXの方がやさしかったなという人は少なからずいるような気はします。

2位:キャロウェイ「ローグST MAX ドライバー」

フェースはAIが設計した新しいFLASHフェースSS22最新版が使われています。

以前から搭載されているJAILBREAKテクノロジーも進化していて、よりボールスピードを出しやすくなってます。フェースのどこに当たっても安定したボール初速を出しやすいところが大きな特徴です。

ヘッドもブレづらいので本当にやさしく打ちやすく、重さによって振りごたえもあるモデルに仕上がっています。

3位:テーラーメイド「ステルス HD ドライバー」

テーラーメイドのドライバーは基本的にはアスリート向けのものが多いので、球のつかまりが真っ直ぐから少しフェードのモデルばかりなのですが、HDは少しだけヒール側に重量が寄ってます。

若干イナーシャジェネレーターと名付けられているウェイト部分を全体的にヒール側に設置することで、スタンダードなステルス ドライバーよりも高弾道で、ドローというより右に出にくい印象です。

スタンダードなモデルで真っ直ぐ打ち出しづらく右に出る人は、HDを使うとちょうどいい球のつかまり具合になってくれるモデルでしょう。右に出したくない人はHDドライバーがいいと思います。

4〜10位のドライバーもチェック!

4位:キャロウェイ「ローグ ST MAX Dドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:約310g(S)
ロフト角:9°、10.5°、12°
クラブ長さ:45.5インチ
5位:テーラーメイド「ステルス プラス ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:約312g(S、TENSEI RED TM50)
ロフト角:9°、10.5°
クラブ長さ:45.25、45.75インチ
6位:キャロウェイ「ローグST MAX LS ドライバー」

ヘッド体積:455cc
クラブ重量:約308g(S)
ロフト角:9°、10.5°
クラブ長さ:45.75インチ
7位:ダンロップ「ゼクシオ 12 ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:282g(R)
ロフト角:9.5°、10.5°、11.5°
クラブ長さ:45.75インチ
8位:PING「G425 MAX ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:301g
ロフト角:9°、10.5°、12°
クラブ長さ:45.25、45.75、46インチ
9位:キャロウェイ「ローグST MAX FAST ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:約278g(S)
ロフト角:9°、10.5°、12°
クラブ長さ:45.75インチ
10位:コブラ「LTDx ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:約310g
ロフト角:9°、10.5°、12°
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧