マインドフルネスとは?効果とやり方

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 現代人は何かと忙しいもの。毎日を慌ただしく過ごしていると、イライラしたり、気分が落ち込んだりすることがありますよね。そんな時はマインドフルネスを取り入れて、心身の状態をリセットしていきましょう。

※リンク先は外部サイトの場合があります

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは「今ここ」に意識を向けて、心身を穏やかに整えるメソッドです。1979年にアメリカのマサチューセッツ大学医学部で、ジョン・カバット・ジン博士によって開発されました。

私たちは何かをしている最中でも、過去の失敗や未来に対する不安、他者からの評価など、ネガティブな雑念に囚われて、脳のエネルギーを消耗してしまいがちです。

「どれだけ休んでも身体がだるい」「ちゃんと寝ているのに起きられない」のは、もしかしたら脳に疲れが溜まっているせいかもしれません。脳疲労を放っておくと、やる気や幸福感の低下につながるといわれています。

フル活動している脳を休ませるのに有効とされるのが、マインドフルネスです。余計な雑念をなくし、ただ目の前のことに集中する力を養うことで、仕事のモチベーションやパフォーマンスを向上させる効果があるとされ、近年ではさまざまな業界で注目を集めています。

マインドフルネス瞑想のやり方

心をマインドフルネスの状態にする具体的なやり方として、瞑想を行います。瞑想というと宗教的なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、注意力と集中力を高めるためのトレーニング方法です。日常生活の中で気軽に取り入れてみましょう。

<マインドフルネス瞑想のやり方>
背筋を伸ばして座り、目を軽く閉じる。
目を閉じたまま呼吸をする。鼻呼吸がおすすめ。息を吸った時におなかや胸がふくらみ、息が吐いた時におなかや胸が縮むことを意識しながら行う。無理に深呼吸したり、呼吸をコントロールしたりする必要はなく、いつもに自然な呼吸でOK。
自分の呼吸に意識を集中する。雑念が浮かんだ時も無理に打ち消そうとするのではなく、客観的に「雑念が浮かんだな」と観察しながら、再び呼吸に意識を戻す。

まずは1日10分から始めてみましょう。慣れてきたら時間を延ばしても構いません。大切なのは毎日続けることです。そうすれば少しずつ雑念が減って、心が軽くなっていくことでしょう。

【参考】
「マインドフルネス」とは?めい想の方法・効果と「呼吸のめい想」のやり方.NHK健康チャンネル
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_699.html
(参照 2021-09-03)
マインドフルネスとは.リクルートマネジメントソリューションズ
https://www.recruit-ms.co.jp/glossary/dtl/0000000191/
(参照 2021-09-03)
悩み別にマインドフルネス 脳が休まる「最高の習慣」.NIKKEI STYLE
(参照 2021-09-03)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO19508670R00C17A8000000/

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧