ミスに強く、やさしいアイアンに進化!キャロウェイ2022年最新作「ローグST」アイアン4モデル

スポナビGolf

【スポナビGolf】

キャロウェイの2022年新モデルとして注目を集める「ローグST」シリーズ。そこで今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに、ローグST アイアン4モデルをまとめて詳しく解説していただきました。

ローグST シリーズの特徴

【スポナビGolf】

ローグSTシリーズはラインナップが非常に豊富です。ドライバーが4種類、フェアウェイウッドが4種類、ユーティリティも4種類、そして今回紹介するアイアンも4種類用意されています。

それぞれターゲットゴルファーを分けて設定されているので、ドライバーに合わせてフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンと4つずつ用意されていると思ってください。

今回紹介するアイアンもMAXならMAXと説明したいところなんですが、微妙に名前が違うので、どれと紐付けされてるのかというところもお話ししながら説明していきたいと思います。

ローグST MAXアイアンの特徴

【スポナビGolf】

MAXアイアンは、ドライバーの中核であるローグST MAXドライバーと紐付けされるアイアンです。

直進性の高い球を打ちたいエンジョイゴルファーニーズに向けたモデルになっています。

【スポナビGolf】

4モデルともほとんど構造は同じですが、一番の違いはターゲットゴルファーに合わせたデータです。ドライバーも同じで、それぞれ対象とするゴルファーの打点や1番防ぎたいミスのデータを、AIが膨大なシミュレーションをおこないフェースを設計しています。

これがFLASHフェースSS22と呼ばれるものです。ボール初速の向上やターゲットゴルファーの打点位置に加え、スピン・打ち出し角・ボール初速の組み合わせもAIが設計しています。全てのシリーズに搭載されてますが、それぞれターゲットゴルファーに合わせて微妙に形が違います。

【スポナビGolf】

フェース面は4タイプ全部共通で、カーペンター450ステンレスという少し強硬度な金属が使われています。

【スポナビGolf】

中にはウレタン・マイクロスフィアという、衝撃吸収材の役割もある物が従来より多く入っています。ちょっと弾く硬めの打感を、しっかり余計な振動を吸収して適度な心地いい打感に仕上げています。

【スポナビGolf】

ローグST MAX OSアイアンの特徴

【スポナビGolf】

MAX OSアイアンのOSはオーバーサイズの意味で、MAXより少し大きめでオートマチックでよりミスに強く作られています。

【スポナビGolf】

先程のMAXは7番アイアンでロフトが27.5°でした。MAX OSは飛距離ではなくて、あくまでもミスに強いモデルになっているので、ロフトは逆に少し寝ていて28.5°。ヘッドが大きく球が上がりやすくなっているので、ヘッドスピードが遅くても高さが出せて安定した弾道が打てるように設計されているモデルです。

紐付けされるドライバーはローグST MAX Dになると思います。そのままストレートにつかまるという設計ではないですが、よりミスに強くやさしい点ではMAX Dドライバーと方向性は同じかなと思います。

【スポナビGolf】

ローグST MAX FASTアイアンの特徴

【スポナビGolf】

MAX FAST アイアンはやさしさと軽さを追求し、よりパワーのない人がヘッドスピードを稼いで飛ばせやすくし、少し飛距離を追求したモデルになってます。

ただメチャメチャ飛び系というわけではなく、ヘッドスピードが自分で出せない人が効率よく飛ばすためのモデルだと思ってください。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

MAX・MAX OSは割と本当にオートマチックで、割といかつい少しカチッとした顔なんですが、MAX FASTだけちょとスマートなんです。

私の勝手な想像なんですけど、どちらかというとこういうところを気にするのは、我々アジア系の日本人なんですよね。アメリカの方はオートマチックにやさしいグースネックで、ブレードが厚くて、かたまり感のあるようなものの方をやさしく感じるらしいんです。

「もうちょっときれいな顔がないの?」というのは我々日本人で、そういった日本人に合わせたきれいな顔をしています。

【スポナビGolf】

ローグST PROアイアンの特徴

【スポナビGolf】

4つ目のモデルにはローグST PROという名前が付いてます。紐付けされるドライバーはローグST MAX LSになります。

PROと名前が付いてるだけあって、4モデルの中では一番上級者向け。このモデルだけ中空構造を採用し、スマートな形状でミスに強いモデルになってます。

【スポナビGolf】

ロフトも7番で30.5°の設定で少し立っています。

バリバリコントロールするアイアンは大体33°〜34°くらいの設定なので、「あまりアイアンに飛距離を求めないけど、そこそこやさしくて、いざとなったら操作できるかな」くらいな感じのゴルファーにとってはドンピシャかもしれません。非常に扱いやすい上級者向けの仕上がりになっています。

【スポナビGolf】

AIで進化したローグSTシリーズ

【スポナビGolf】

2022年に発売されたローグSTのアイアン4モデルは、今後AIがどのように作りわけをしていくのかがわかる指針となるシリーズかなと思ってます。やさしいモデルはしっかりオートマチックにやさしいモデルになるということを、今回ドライバーからアイアンで私自身体感させてもらいました。

全体的にミスに強くやさしいというところは、間違いなく今回のものは進化しています。今までのアイアンと比べて、圧倒的にミスには強くなっています。やさしいアイアンが欲しいなら、4モデルどれか試していただいて、自分に合うものを手にしてみてください。よほど新しいものが出ない限り、性能的には十分満足できると思います。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧