大豆の持つチカラ! イソフラボンと生活習慣病の関係

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 イソフラボンとは大豆に含まれる成分で豆腐や豆乳、納豆などに含まれています。

イソフラボンには、コレステロール値の上昇を抑制する効果や心筋梗塞の予防、骨粗鬆症の予防や改善の効果、更年期障害による症状の緩和や改善の効果、抗酸化作用による美容やアンチエイジング、美肌効果などたくさんの効果が期待できます。

※リンク先は外部サイトの場合があります

さらに肥満や心臓病に悩むアメリカでは1999年に心臓病対策として大豆たんぱくを含む食品の「健康表示」を認可しています。

低飽和脂肪酸、低コレステロールの食事の条件として1日当たり25gの大豆たんぱく質の摂取は、心臓病のリスクを低減させるという予防効果を認めたものです。

食品医薬品局(FDA)が特定の食品の効能を認めるのは極めて珍しいこととされています。

さらにイソフラボンには「エストロゲン」という女性ホルモンと、同じような働きをしてくれる効果もあります。

エストロゲンは悪玉コレステロールを減らし、血流を流れやすくし血圧を下げる期待ができるだけでなく、関節リウマチの発症率を下げたという研究結果もあります。

感染リウマチと同じような症状で妊娠、出産や更年期でエストロゲンが減少することで手根管症候群(ゆびにしびれや痛みを伴う症状)になりやすくなりますが、いずれもエストロゲンが関係していることから大豆イソフラボンを摂取することで予防の効果が期待できそうです。
イソフラボンを含む大豆には便秘解消の効果もあります。

大豆は食物繊維、特に不溶性食物繊維が多く含まれています。

不溶性食物繊維には便秘の改善、食べ過ぎ予防、腸内の善玉菌を増やす効果が期待できます。

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維のため、胃や腸に入ると水分を吸収して膨らみ満腹感を得ることができます。

そして腸を刺激することで便通を良くしてくれる効果もあり、不溶性食物繊維が腸で分解されると善玉菌が増えるので腸内環境が良くなります。

大豆には様々な効果があり生活習慣病予防にも期待ができることがわかりました。

ぜひ日々の生活に大豆を取り入れてみませんか?

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧