飛ばしやすくて曲がりづらい、かなりやさしいクラブ。キャロウェイ「ローグST」ユーティリティ4モデル

スポナビGolf

【スポナビGolf】

キャロウェイの2022年新モデルとして「ローグST」シリーズが登場しました。そこで今回はゴルフライターの鶴原弘高さんに、ローグSTシリーズのユーティリティ4モデルを詳しく解説していただきました。

ローグSTシリーズについて

キャロウェイの2022年モデル、ローグSTのユーティリティをご紹介します。他の動画でローグSTのドライバー・フェアウェイウッド4モデルを紹介しましたが、ユーティリティも4モデルあります。ラインナップが多いのもローグSTシリーズの特徴です。

ローグSTユーティリティ:各モデルの特徴

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

ローグST MAXユーティリティ

一番スタンダードなのが、ローグ ST MAXユーティリティです。構えてフェースだけ見るとアイアンみたいに見えます。

【スポナビGolf】

少しトゥ側が高くなっていて、上から打込みたくなるような形状のモデルになってます。

【スポナビGolf】

スコアラインも横一線で白く塗られていて、構えるとターゲットを意識しやすく、本当にアイアンっぽく構えられます。4モデルとも同じような雰囲気で構えられるのは共通しているところです。

今回のローグ STシリーズは、フェアウェイウッド・ドライバーもバージョンアップしたFLASHフェースSS22によって、打ち出し角とスピン量まで計算され球の初速を高めて、最適な弾道で飛ばしやすくなっているのが特徴です。

フェアウェイウッド・ユーティリティも、JAILBREAK というヘッドの中に柱が2本入っている構造でしたが、今回からは少し変わっていて、柱自体は無くなってよりフェースが反発しやすく飛ばせるようになってます。

試打してみると、ものすごく打ちやすく、真っ直ぐに打ちやすいという印象がとても強いです。

少しくらい当たり損ねても、ほとんど同じような距離で真っ直ぐ飛んでくれるようなモデルになっています。

ローグST PROユーティリティ
他に、上級者向け、球筋を操作したい人向けとして用意されているのがローグST PROユーティリティ。ヘッドが小ぶりなシャープな形状で、打ち込んでいけそうなモデルになっています。

ローグST MAX OSユーティリティ
MAXよりもヘッドが大きい、ローグST MAX OSユーティリティ。

他のモデルとの違いは、ヘッドがより大きくて安心感があり、MAXよりもロフト角が低いので球を上げやすいという特徴があります。やさしく球を上げたい、やさしく球を打ちたい人はOSの方を検討してもいいかもしれないです。

ローグST MAX FASTユーティリティ
ローグST MAX FASTユーティリティは、軽量のモデルになっています。ドライバーからの流れで軽量なモデルを好む人、ヘッドスピードが遅めの人に適したモデルです。

この4モデルごとに、全てAIフェースの設計を変えているというのがキャロウェイのすごいところです。ドライバーからフェアウェイウッド、ユーティリティまで、シリーズそれぞれで対象ゴルファーを4種類に分けて、それぞれのモデルが使えるというような特徴になってます。

まとめ

ユーティリティとしての性能は、飛ばしやすくて曲がりづらいところが長所だと思います。ローグ STシリーズ全体を通して、かなりやさしいアベレージ寄りの性能になっているのが魅力と言えるでしょう。ぜひ一度試してみてください。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧