宮里美香の直球!アプローチ講座【超簡単!ロブショットの打ち方】

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

宮里美香プロがアプローチショットのコツを伝授。今回はロブショットの打ち方を紹介します。ロブショットは少し難しいイメージもありますが、ポイントさえ押さえれば簡単に打てるようになります。プロはどのようなポイントを意識しているのか、ぜひご覧ください。

ロブショットを打つ時のポイント

高い球の時は57度で打つんですけど、フェースを極端に開きます。だから57度ですけど、60度以上開いてるかなと思います。オープンスタンスにして、結構ワイドにスタンスを取ります。

【GOLF Net TV】

腰も重心を落とします。オープンに構えてるけど、ボールの位置は左のカカトになると思います。

【GOLF Net TV】

イメージとしてはカットに打つイメージ。バックスイングをアウトに上げるイメージで、スタンス通りに上げます。手首は返さないでフェースが開いているので、そのまま上げていきカットに打ちます。ここでもお腹の軸が大事です。

ボールを飛ばすコツは「しっかり振り抜く」

高い球を打ちたい時のイメージは、バンカーショットと一緒だと思うんですよ。バンスが使えないと上手く上げることは難しいと思います。

目線を上げるって言ったほうがいいのかな。この木を超えたいというようなシチュエーションあるじゃないですか。もっと上げたいってなると、クラブの位置が真ん中に入ってくる。スクエアでもいいんですけど、スクエアでアウトに上げてカットに振り抜く。この時もフェースは返さない。

ふんわり打つのがロブショットのイメージだと思うんです。なので、重心を下に落としたら、自然と左足に体重が乗ってます。これはバンカーにも共通することです。でもロフトは開いてるので、しっかり打たないとこれ超えていかないじゃないですか。だから、打った後しっかり振り切っています。

【GOLF Net TV】

振り切らないといけないっていう感じで振ってます。フェースを開けば開くほどボールは前に飛ばないので、その分振りきっていかないといけないですね。そこが一番の大事なポイントですね。重心は左足。右足重心にすると、バックスイングができないのでダメです。ボールが前へ飛ばなくなってしまいます。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧