めちゃくちゃ飛ぶ!キャロウェイ「ローグST」フェアウェイウッド 4モデル

スポナビGolf

【スポナビGolf】

キャロウェイ2022年の新モデルとして「ローグ ST」シリーズが登場しました。そこで今回はゴルフライターの鶴原弘高さんに、「ローグ ST」シリーズのフェアウェイウッド4モデルをまとめて解説していただきました。

ローグ STシリーズについて

【スポナビGolf】

ローグSTシリーズにはドライバーが4モデルありますが、フェアウェイウッドも4モデルあります。

4モデルのドライバーでどのモデルにするかが決まったら、その流れでシリーズの同じ性能のフェアウェイウッドを選べば、同じように打ちやすくて振りやすい、真っ直ぐ飛ばしやすいというような結果が得られやすいラインナップです。

ローグ STフェアウェイウッド:性能の特徴

【スポナビGolf】

ローグSTのフェアウェイウッドは全て接着式のネックになっています。

【スポナビGolf】

新しいキャロウェイの特徴でもある、AIを使ったFLASHフェースSS22が採用されています。

今回からは初速だけでなく、スピン量と打ち出し角まで計算に入れたフェースデザインです。

フェースの裏は見えないですけど、裏側を見たらとても複雑な凹凸をした構造になっています。ドライバー同様、4モデルごとに全て異なるAIフェース設計になっています。

モデルごとの特徴

【スポナビGolf】

ローグST MAXフェアウェイウッド

スタンダードモデルとして展開されているのが「ローグST MAXフェアウェイウッド」。ドライバーと同様、球をつかまえやすいタイプになっているので、ローグST MAXドライバーを選んだ人は、そのままの流れでMAXフェアウェイウッドを使うと良いと思います。

【スポナビGolf】

ローグST LSフェアウェイウッド

ハードヒッター向けとして用意されているのは、「ローグST LSフェアウェイウッド」です。

【スポナビGolf】

構えると明らかに通常のMAXのモデルとはヘッドのシェイプが違います。上級者が好みそうなすっきりとしたシルエットになっているのが特徴です。

ヘッドサイズも少し小さくて、左には飛ばないような雰囲気を持たせてあります。

実際に打ってみても低スピンで強い球が打てます。ヘッドスピードの速い人向けと言えるでしょう。
ローグST MAX Dフェアウェイウッド

これはMAXのフェアウェイウッドよりもさらにつかまりをよくしたモデルです。ローグST MAX Dドライバーが合っている人が、そのままの流れでフェアウェイウッドもMAX Dを選んでいくと間違いないでしょう。

ローグST MAX FASTフェアウェイウッド

ローグST MAX FASTフェアウェイウッドも、軽量のMAX FACTドライバーを選んだ人がそのまま移行して使えるモデルです。

ROGUE ST MAX FAST フェアウェイウッド

まとめ

球の初速も速く、めちゃくちゃ飛びます!飛ばせるという基本性能だけでなくて、ゴルファーに合わせて4タイプ選べるというところがローグSTフェアウェイウッドの一番の特徴です。一度試してみて、自分に合うモデルを選んでみてください。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧