とにかくやさしい!キャロウェイ2022年最新作「ローグ ST」ドライバー4モデル

スポナビGolf

【スポナビGolf】

キャロウェイの2022年新モデルとして「ローグ ST」シリーズが登場しました。そこで今回はゴルフライターの鶴原弘高さんに、ローグ STシリーズのドライバー4モデルをまとめて解説していただきました。

ローグ STシリーズドライバーについて

「ST」はSpeed Tuneの頭文字。より球のスピードを上げるようにチューンナップしたシリーズで、ドライバーが4モデルあります。

ゴルファーの体力やヘッドスピードに合わせて選べるラインナップがそろっています。

【スポナビGolf】

1番スタンダードなモデルとして位置付けられているのが「ローグ ST MAX ドライバー」です。

【スポナビGolf】

より球をつかまえやすくしたものが「ローグ ST MAX Dドライバー」。「D」はドローのDですね。

【スポナビGolf】

セレクトストア限定モデルとなっているのが、「ローグ ST MAX LSドライバー」。「LS」はロースピンの頭文字です。

【スポナビGolf】

そして「ローグ ST MAX FASTドライバー」です。軽量で接着式のネックになっているのが特徴のドライバーです。

4モデルそれぞれに弾道の特徴がありますが、シリーズを通してすべてやさしく打てる方向に設計されていると言えるでしょう。これまでよりもミスをしても曲がらずやさしく飛ばせます。

過去シリーズとの比較

これまでキャロウェイからは、EPICシリーズ、ローグシリーズが出て、間にマーベリックシリーズを挟み、昨年のEPICシリーズ、そして今回ローグ STシリーズといった流れで発表されています。

前作のローグシリーズの特徴は、EPICシリーズよりやさしく寛容性を高めたシリーズとして発売されていました。今回のローグ STも前作を踏襲したやさしいモデルに仕上がっています。

前作のローグシリーズを使用して結果が良かった好調だった方や、1年前に出たEPICシリーズが難しいと感じた方で、もう少しやさしいモデルがいいと思った方が使うとちょうどいいドライバーに仕上がってます。

性能の特徴

ローグ STシリーズドライバーは4モデルありますが、共通した特徴があります。

【スポナビGolf】

前年度に出たEPICシリーズに搭載されていたウェイト調整機能を排除しています。付け替え式のウェイトもありません。

【スポナビGolf】

すべてソールの後方側のタングステンがウェイトとして使われていて、重心をヘッド後方に置くことで深低重心化されています。これによって慣性モーメントが高められ、より曲がりづらくなっています。

【スポナビGolf】

キャロウェイというとAIを使った設計というのが近年の一番の長所でしょう。今回もAIが設計したFLASHフェースは新しくなっていて、モデルごとに4モデルすべて異なるフェース設計というのも特徴です。

それぞれ違う設計にした理由は、想定しているユーザーの打点位置を解析して、それに合うようなフェース肉厚の設計にしたからです。

ゴルファーの打点位置や打ち出し角度・スピン量を、AIが計算に入れた新しいフェース設計というのが特徴です。

そして、キャロウェイの特徴であるJAILBREAK テクノロジーは今回も搭載。2本の柱構造がフェースの内側に入っています。ソール側の剛性を高めるような進化をさせています。よりボール初速を高めて飛ばす工夫が施されているのです。

ローグ ST MAXドライバー

【スポナビGolf】

一番スタンダードなローグ ST MAXドライバー。ほとんどのゴルファーは正直これがフィットすると思います。

特徴は打点がズレても初速が落ちないこと。慣性モーメントが高められており、球が曲がりづらい。本当にやさしく飛ばしやすいモデルがMAXです。

ローグST MAX Dドライバー

【スポナビGolf】

ローグ ST MAX Dドライバーはより球をつかまえたい人のためのモデルです。

【スポナビGolf】

重心位置がヒール側に寄っているのでフェースターンさせやすい。スタンダードなローグST MAXでも十分つかまえやすい雰囲気はあるんですけど、それでもつかまりが足りないという人はこのMAX Dを使うと良いと思います。

ローグ ST MAX FASTドライバー

【スポナビGolf】

ローグ ST MAX FAST ドライバーは接着ネックになっていて、その重量分軽くして作っているモデルです。クラブ全体の重量も270gと軽いので、ヘッドスピードが遅い人もしくはパワーがない人向けのドライバーです。

これもやさしく飛ばしやすいモデルです。

ローグ ST MAX LSドライバー

【スポナビGolf】

最後にご紹介するのがローグ ST MAX LS ドライバーです。これは前作EPIC MAX LSの後継モデルと思っていただければいいと思います。よりスピンを少なくしています。ただMAXという名前が付いているだけあって慣性モーメントは大きめだと思います。

【スポナビGolf】

構えた見た目もヘッドは小ぶりではないです。ミスヒットに対する強さやヘッドのブレづらさを備えつつも低スピン弾道が打ちやすい、ハードヒッター向けと言えるのがこのMAX LSです。

ローグ ST シリーズドライバーまとめ

今回の新しいローグ STシリーズの特徴としては、一言で言うとやさしいシリーズです。

球筋的にはちょっとつかまりがいい。スタンダードなMAXでもつかまりの良い球が打てます。球が上がりやすいし、FLASHフェースのおかげで打点がズレても球のスピードが落ちない。全体的には本当にやさしい、アベレージ寄りのシリーズだと思っていただいていいでしょう。


ドライバーだけでなくて、フェアウェイウッド、ユーティリティもそういった雰囲気に仕上げています。「アベレージゴルファーが使いやすいシリーズが2022年のモデル」だということを頭に少し入れおくと選びやすくなるかもしれないです。ぜひ一度試してみてください。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧