【フェース面が狂わないアプローチ】宮里美香の直球!アプローチ講座

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

宮里美香プロがアプローチショットのコツを伝授。アプローチショットで最も大事にしているという、フェース面を安定させるコツを紹介します。

ロフト通りに構えてフェースを返さない

手首もそうですけど、ボールの位置も大事かなと思います。30ヤードだとスタンスは肩幅ぐらいでいいかなと思います。ボール位置は真ん中です。

【GOLF Net TV】

フェースはロフト通りに構えてもらって、フェースを返さない。手首を返すと自然にフェースも返って、距離のコントロールがすごく難しくなりやすいと思います。構えたロフト道りに打ちたい。フィニッシュの形が、アドレスのポジションに戻ってきたような形になったら良いです。

【GOLF Net TV】

フェースを返さないためには「お腹を軸にして回転」を意識

フェースを返さないときに意識するのは、お腹を軸にしてもらって回転する。 めちゃくちゃ腹筋を使うと思うんで、結構意識しないと回せないです。

悪いのは開いちゃって、なおかつ閉じる時に開いてるからクローズにしないといけないと思ってる人が多いかもしれないです。それだとボールのコントロールがしづらいので、お腹を軸と考えてトップ上げてからフォローするの意識をしてほしいと思います。

振り子のようにスイング

ロフト道りに上げればいいんですけど、あまり意識ができていないのかなと思います。

ロフト通り上げるには、テークバックの最初の20〜30cmが大事だと思います。この時に本当のロフト道りに上げれているか。一番のイメージは振り子がいいかなと思います。時計の振り子のようにしたら、自然に足も動いてくると思います。フェースを返さないで、お腹の軸を意識して振り子も考える。

おへそとグリップエンドがつながってるようなイメージで、一緒にバックスイングする。

アドレスで気をつけるポイント

プロゴルファーはこの姿勢が自然とできているんですけど、一般の方は中々おしり突き出すっていう感覚もないしこれだけで筋肉痛になるんですよ。

【GOLF Net TV】

アドレスは背中が反りすぎてもダメなんですよ。極端に言ったら、お尻を突き出しすぎてもダメです。そのままスクワットができる姿勢で構えている方が多いんですけど、本来のゴルフスイングってスクワットできないんです。

カカトに体重がのり過ぎちゃうと、ツマ先にのってないから座れちゃう。でも、ツマ先にのりすぎてもダメなんですけど、だから半々ぐらい。ワッグルやるのが一番良いと思います。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧