【最新】2022年1月フェアウェイウッド売れ筋ランキングBEST10 ヤマハ最新作が上位に

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

2022年1月1日〜31日に最も売れたフェアウェイウッドをランキング形式でご紹介します。ゴルファーにいま最も注目されているフェアウェイウッドをぜひチェックしてみてください。

※ランキングは矢野経済研究所「YPSゴルフデータ」を参考にしています(ただし、レディースモデルは除く)。

1位:ダンロップ「ゼクシオ12 フェアウェイウッド」

ゼクシオ12のフェアウェイウッドはドライバーとほぼ同じテクノロジーが搭載されてます。

ダウンスイングの時ヘッドがブレる「遠心力」と「空力」をコントロールすることでミート率を高める技術であるアクティブウイングが搭載されてます。フェース面にはリバウンドフレームも。

しっかりボールもつかまり高さも出しやすいです。非常に楽に力まずに飛ばせるでしょう。

ゼクシオ 12 フェアウェイウッド

2位:PING「G425 MAX フェアウェイウッド」

タービュレーターがなくなり、フェースの弾き感を高めるフェース・ラップ・テクノロジーを搭載し、初速の速さを高めています。
実際打ったときに、第一印象で初速の速さを感じ、トラックマンでの計測でも初速が速めに出ました。前作よりもフェアウェイウッドで距離を稼ぎやすくなっています。

うまく球を弾いてくれて、コースに行ったときにしっかり距離を出してくれる、球を持ち上げてくれてグリーンも狙いやすいフェアウェイウッドです。

3位:ヤマハ「RMX VD フェアウェイウッド」

一見するときれいなフェアウェイウッドなんですが、低重心にするためにソールにタングステン、弾きや打感、ボール初速を維持するためにフェースにチタン、軽量化のためにクラウンにカーボンを使用しています。

性能を追求するために色んな技術を注ぎ込んで作られているので、とにかく飛びます。

4〜10位のFWもチェック!

4位:ダンロップ「ゼクシオ エックス フェアウェイウッド」

番手(ロフト角):#3(15°)、#4(16.5°)、#5(18°)、#7(20°)
クラブ重量:303g(#3、S)

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド(2021)

5位:ブリヂストン「B2 フェアウェイウッド」

番手(ロフト角):#3(15°)、#5(18°)、#7(21°)
クラブ重量:約310g(#3、S)
6位:タイトリスト「TSi2 フェアウェイメタル」

ロフト角:13.5°、15°、16.5°、18°、21°
クラブ重量:約320g(13.5°)
7位:キャロウェイ「EPIC MAX FAST フェアウェイウッド」

番手(ロフト角):#3(15°)、#5(18°)、#7(21°)
クラブ重量:約286g(#3)
8位:タイトリスト「TSi3 フェアウェイメタル」

ロフト角:13.5°、15°、16.5°、18°
クラブ重量:約320(13.5°)
9位:ヤマハ「inpres UD+2 フェアウェイウッド」

番手(ロフト角):#3(14.5°)、#5(17°)、#7(19°)、#9(21.5°)
クラブ重量:約297g(#3)

inpres UD+2 フェアウェイウッド(2020)

10位:ダンロップ「スリクソン ZX フェアウェイウッド」

番手(ロフト角):#3(15°)、#5(18°)、#7(21°)
クラブ重量:312g(#3、S)

スリクソン ZX フェアウェイウッド

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧