買い替えに悩む人必見!人気アマが「ステルス」「SIM2 MAX」「SIM MAX」を打ち比べ

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

前回、テーラーメイドの新作ドライバー『ステルス』と『ステルスHD』の比較をしましたが「そもそも歴代モデルとの違いもあるのか?」「買い替えは必要なのか?」と気になっているゴルファーも多いと思います。

オレンジマンが改めてテーラーメイドの歴代モデルを試打し、深掘りしていこうと思います。

※今回はヘッド性能の違いを検証するためにシャフトは同じスペックの物を使用しました。(ツアーAD DI 6S)ボールはタイトリスト PRO v1 で統一しています。シャフトスペックに合うようにヘッドスピードは45〜46m/sになるように打ちました。

最新モデル「ステルス ドライバー」

【スポナビGolf】

なにも気にせずに打ってみると一球目は少し右に抜けて行きました。やはり捕まりがいいヘッドではなさそうです。初速は66.4m/sとなかなかの速さ。スピン量は2379rpmと低スピンなのが分かります。

打ち出し角度は16°と適正値です。総飛距離は264.2yとしっかり距離も出ていました。

【スポナビGolf】

打感や打音は、本当にカーボンフェース?と思うほど柔らかく、打っているとカーボンなのを忘れるくらい今までの金属音と遜色ない印象です。柔らかい中にも球を押しているような、弾いているような感覚もします。

音も打感同様に、今までの金属フェースとなんら変わらない、むしろ心地いい金属音でした。好き嫌いが分かれるポキーンとした甲高い金属音ではありません。

このステルスのデータを基準として、過去2機種の比較をしていきます。

2021年発売モデル「SIM2 MAX」

【スポナビGolf】

球の捕まりはステルスよりも捕まります。ステルスでは自分から捕まえにいく印象でしたが、SIM2 MAXは自然に捕まってくれる印象です。

初速は65.9m/sと速い。スピン量は2737rpmと若干多めでした。このスピン量が今回の新旧クラブの一番の違いとなると思います。打ち出し角も19°とやや高めでした。

【スポナビGolf】

打感や打音に関しては、ステルス同様柔らかい打感で球を潰している感覚があります。打音は金属音というより少しボコっとした鈍い音に思えました。それが悪いというわけではなく大人しい音が好みの人には合うと思います。

ある程度捕まりややさしさを求めていて高弾道が打ちたい人や、適度にスピンが入って欲しい人に向いていると思います。ヘッドスピードが速めの人はスピン量が増えすぎて飛距離に繋がらないかもしれません。

シャフトのスリーブポジションでフェースをオープンにして組むと、右からのきれいなドローになります。

2020年発売「SIM MAX」

【スポナビGolf】

球の捕まりはステルス同様に捕まらない印象です。

初速も65.9m/sと大差はありません。スピン量は2228rpmとステルスと変わらず低スピンでした。打ち出し角はSIM2と同じく19°とやや高めです。

数値で見るとステルスととても似た性能でした。もっと言うとカラーリングこそ違いはありますが、ヘッド形状もよく似ています。

【スポナビGolf】

これだけ似たヘッドですが、はっきりと違うのは打感でした。SIM MAXはステルスに比べると、弾き感に金属音がある印象です。

全体的なイメージは、スピン量を減らしたい人、左へのミスを避けたい人に向いていると思います。しっかりと性能を引き出すにはある程度のヘッドスピードは必要に感じました。

ヘッド自体のスピン量が少ないので、スピン量が増えるようなシャフトよりも中調子や中元調子のシャフトの方がさらにスピンを抑えた球が打てるでしょう。シャフトを46インチなど少し長めに組んでみても面白いと思います。

5球ずつの平均値比較

ステルス・SIM2 MAX・SIM MAXそれぞれを5球ずつ打った平均値も出してみました。

初速
ステルス=65.8m/s、SIM2 MAX=66.1m/s、SIM MAX=65.7m/s

スピン量
ステルス=2218rpm、SIM2 MAX=2604rpm、SIM MAX=2225m/s

打ち出し角
ステルス=15.2°、SIM2 MAX=17.8°、SIM MAX=17.4°

総飛距離
ステルス=259.64y、SIM2 MAX=258.72y、SIM MAX=260.32y

総評

今回、同じスペックのシャフトで3機種を打ち比べてみました。

新作が発売されることで買い替えの検討をされる方も多いでしょう。

現在、SIM MAXを使っている人にはスピン量や捕まりの違和感も少ないステルスが合うと思います。打ち出し角も低くなり、さらにランが増え飛距離アップの可能性は十分あります。打感や打音が飛躍的によくなっている点も満足できるポイントになるのではないでしょうか。

現在SIM2 MAXを使っている人がステルスに変えると、少し難しいと感じるかもしれません。現状に不満がない人は、少し様子をみてもいいでしょう。それでも新しいものに変えたいという人は今回紹介したステルスではなく、ドローバイアス設計のステルスHDの方が違和感なくスイッチできると思いました。

試打を終えて

正直なところ新作クラブが出るたびに飛距離が10y伸びるなんてことはほぼないと思います。しかし、飛距離性能とは他の点で明らかな違いがあって、自分が求めるものが得られるのであれば、新しいクラブを選択されるといいと思います。

2020年に発売されたSIMから始まり、SIM2、ステルスという系譜になっていますが、僕はSIM MAXの正当な後継はSIM2 MAXではなく、ステルスだと感じました。

SIMは捕まり具合やスピン量である程度の技量が必要だと思いますが、SIM2 MAXではそれがかなりマイルドになり、より万人受けするモデルとなりました。逆を言えばハードヒッターやスイングスピードの速い人からしたら少しもの足りない出来だったと思います。

今回のステルスで原点に帰り、新たな素材を搭載したSIMの正当な進化版になったように思います。気になる方はぜひ試してみてください!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧