人気アマが試打!テーラーメイド最新作「ステルス」&「ステルス HD」を比較検証してみた

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

毎年一番の話題に上がるのが、テーラーメイドの新作ドライバーです。今回発表されたのは「ステルス シリーズ」です。今年も期待通りだと実感しています!

早速、オレンジマンが最新作を試打。「ステルス」と「ステルス HD」の違いを検証しました!

ヘッドタイプは3種類

【スポナビGolf】

今回のステルス ドライバーには3種類のヘッドタイプがあります。

・ノーマルタイプの『ステルス』
・ドローバイアス設計の『ステルスHD』
・多くのプロが使う『ステルス プラス』

どれも特徴がありターゲット層が異なることがはっきりと分かりました。

今回は『ステルス』と『ステルスHD』を試打で比較検証してみます。

︎見た目の違いは?

【スポナビGolf】

まず最初に目が行くのが真っ赤なフェースだと思います。新たにカーボン素材を使用したフェースとのことです。 

左:ステルス 右:ステルスHD 【スポナビGolf】

次にソールを見てみると、『ステルスHD』のヒール側の下にHDと表記があるだけでそれ以外の大きな違いは見当たりません。ただ、HDの方が少しだけ丸みがあり、投影面積が大きく見えます。またSIMシリーズから搭載された空気抵抗を低減させるイナーシャジェネレーターというソールの膨らみも、HDの方が若干ヒール寄りに伸びているのが分かります。後方のウェイトもヒール寄りになり、捕まりをよくしているのがうかがえます。

左:ステルスHD 右:ステルス 【スポナビGold】

上から見たクラウンはさらに違いを見つけるのが難しい程そっくりです。わずかですが、ソール同様HDの方が丸みを帯びているように見えます。

ただ、いざアドレスをとってみるとHDはしっかりフェースが左を向いていてドローバイアスになっているのがわかります。

︎打ったら分かった!特徴の違い

今回はヘッド性能の違いを検証するためにシャフトは同じスペックのもの(ツアーAD DI 6S)を使用しました。ボールはタイトリスト PRO v1 で統一しています。

シャフトスペックに合うようにヘッドスピードは45〜46m/sになるように打ちました(計測は辛口と言われるスカイトラックを使用)。

・『ステルス』

【スポナビGolf】

なにも気にせずに打ってみると一球目は少し右に抜けて行きました。やはり捕まりがいいヘッドではなさそうです。初速は66.4m/sとなかなかの速さ。スピン量は2379rpmと低スピンなのが分かります。

打ち出し角度は16°と適正値です。総飛距離は264.2yとしっかり距離も出ていました。

・次に『ステルスHD』

【スポナビGolf】

こちらも小細工をせず打ってみました。やはり捕まりがよくてしっかりとドローボールが打てました。初速は67.0m/sと速く、スピン量は2551rpmと理想的な数値です。

打ち出し角も15°と適正値でした。総飛距離は258.5yと飛距離も出ています。

5球ずつの平均値比較

5球ずつ打った平均値も出してみました。

・初速:ステルス=65.8m/s、HD=66.2m/s
・スピン量:ステルス=2218rpm、HD=2526rpm
・打ち出し角:ステルス=15.2°、HD=15.9°
・総飛距離:ステルス=259.64y、HD=258.48y

飛距離アップの3大要素は、初速、スピン量、打ち出し角度です。その点を踏まえても、数値的にはどちらのクラブも非常に似ており誤差の範囲だと思いました。

打っていて一番大きく違うと感じたのは球の捕まりです。特に他社のドローバイアスのドライバーはドローが打ちやすい代わりに球が上がりやすくスピン量も増える傾向にありますが、このステルスHDでは打ち出し角もスピン量も適正で驚きました。

ノーマル ステルスは低スピンヘッドで、球の捕まりもそこまでよくはないので、その点をクリアするのにある程度の技術的なハードルがあるように思います。

どんなゴルファーに合う?

ノーマルのステルスは直進性がいいので、自分で球を捕まえることができる人、左を嫌う人、ある程度ヘッドスピードの速い人に向いていると思います。
HDはクラブに仕事をさせるオートマチックなクラブを求める人や、ヘッドスピードが速くても捕まりのいいヘッドを好む人、ヘッドスピードは速くないけどステルスシリーズを使いたい人に向いていると思います。

シャフトは、先がビュンビュン走る先調子系のものより、中調子や中元調子のシャフトが合うように思いました。

個人的にはHDのように捕まりのいいヘッドはドローも打ちやすいし、飛ぶフェードに必要な球の捕まりも確保できます。平均的なアマチュアゴルファーにはステルスHDの方が合うのかなと思いました。

︎『ステルスプラス』も試打しました!

今回比較はしていませんが『ステルスプラス』も打ちました。ステルスプラスはさらに低スピンで、2000rpmを切る事もありました。間違いなくハードヒッター向けでヘッドスピードに自信がある人、球が高くて困ってる人にはかなり武器になると思います。コントロール性能も高そうで飛距離性能も抜群ですが、ノーマルステルスよりも使いこなすにはさらに高いハードルがありそうです。

ただし、ステルスプラスはテーラーメイド認定のセレクトストアのみの取り扱いなので、ネットショップなどで気軽に買えないことがネックですね……。

︎3モデルの打感・打音の違い

これに関しては3モデルとも大差はありませんでした。それよりも新たなカーボンフェースで正直、打感が悪かったり打音も鈍いのかと想像していましたが、ある意味裏切られました。今までの金属ドライバーと全く遜色なく、言われないとカーボンフェースだと気づかないレベルだと思います。柔らかい打感の中に少し弾き感があり、打音は完全に金属音です。

打感や打音に懸念がある人は何も心配もないと思います。

︎まとめ

今回『ステルス』と『ステルスHD』の兄弟モデルを試打比較してみました。どちらも、ユーザーが求めるものによって選択できるような違いがあり、どの項目の数値でも適正値に近く完成度の高いクラブでした。

※︎おまけ(オレンジマンがしっかり振ってみた)

比較ではヘッドスピードを落として振りましたが、しっかり振ってヘッドスピード50m/s前後で打ってみました。こちらのデータも参考にしてみてください。

・『ステルス』

【スポナビGolf】

・『ステルス HD』        

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧