【最新】2021年12月売れ筋アイアンBEST10 ゼクシオ新作がトップ独占

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

2021年12月1日〜31日の1か月で最も売れたアイアンをランキング形式でご紹介します。ゴルファーにいま最も注目されているアイアンをぜひチェックしてみてください。

※ランキングは矢野経済研究所「YPSゴルフデータ」を参考にしています(ただし、レディースモデルは除く)。

1位:ダンロップ「ゼクシオ12 アイアン」

ゼクシオのアイアンというと、基本的にはやさしいアイアンというイメージだと思います。今回のゼクシオ 12も期待を裏切らないやさしいアイアンです。

ゼクシオは代々チタンフェースを使っており、今回のゼクシオ12はチタンフェースの下の部分に溝を彫ることによって、よりチタンフェースをたわませて距離を出そうという設計になってます。球がさらに上がりやすくなって、ミスに強いアイアンに仕上がってます。

2位:ダンロップ「ゼクシオ エックス アイアン」

ゼクシオエックスにもリバウンドフレームは搭載されていますが、フェースの素材が違います。4番から9番が特殊鋼いわゆるバネ鋼を使っていて、反発力とフィーリング面、打感を両立できるためにチタンではなくて別の特殊鋼を使ってます。

ボディはフォージド(軟鉄)になっているので、ロフトやライ角を調整することができます。より自分にフィットさせたい、球をライ角でつかまりをコントロールしたい方はゼクシオ エックスの方が合うかなと思います。

基本はポケットキャビティなので、ミスに強く球が上がりやすいという基本的な部分は変わらない、やさしいアイアンに設計されています。

ゼクシオ エックス アイアン(2021)

3位:PING「G425 アイアン」

G425 アイアンは、前作までと比べて見た目がシャープになりました。

やさしさは従来のGシリーズのままの性能で、見た目もすっきり。多くの人が構えたときに好感を持てる仕上がりになってると思います。

球が上がりやすいというのはもちろんですが、難しいライに対してGシリーズのアイアンは簡単に打たせてくれます。ゴルフのスイングに悩まなくても良いと思うくらい完成度が高いです。

4〜10位のアイアンもチェック!

4位:タイトリスト「T200 アイアン」

ヘッド素材:SUP-10、17-4ステンレス、タングステン・ニッケル
ロフト角(#7):31°
ライ角(#7):63°
5位:タイトリスト「T100S アイアン」

ヘッド素材:SUP-10、軟鉄、タングステン・ニッケル
ロフト角(#7):32°
ライ角(#7):63°
6位:ミズノ「Mizuno Pro 225 アイアン」

ヘッド素材:クロムモリブデン鋼、ソフトステンレススチール、マイルドスチール
ロフト角(#7):30°
ライ角(#7):61.5°
7位:キャロウェイ「X FORGED STAR アイアン」

ヘッド素材:軟鉄
ロフト角(#7):29°
ライ角(#7):62°
8位:PING「G710 アイアン」

ヘッド素材:ステンレス
ロフト角(#7):28°
ライ角(#7):62°
9位:ダンロップ「スリクソン ZX5 アイアン」

ヘッド素材:軟鉄
ロフト角(#7):31°
ライ角(#7):62°
10位:テーラーメイド「SIM2 MAX アイアン」

ヘッド素材:ステンレススチール
ロフト角(#7):28.5°
ライ角(#7):63°
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧